[ユーザ鍵ペアまたは証明書のインポート] ダイアログボックス

開き方

 

[秘密鍵、pfx または p12 ファイル]

公開鍵認証の場合:

  • 公開鍵/秘密鍵のペアのうちの秘密鍵です。インポートされる鍵は、OpenSSH 形式または SecSH 形式です。

 

証明書認証では、次のいずれかとなります。

  • 証明書に関連付けられている秘密鍵。2 つのファイルが同じ場所にあり、証明書の名前が *.cer または *.crt というファイル拡張子を持つ鍵と同じである必要があります。
  • 証明書とそれに関連する秘密鍵が含まれる PKCS#12 パッケージファイル (*.p12 または *.pfx)。

     

 

[ファイルのパスフレーズ]

指定した秘密鍵ファイルを保護するパスフレーズを入力します。

注意:ファイルのパスフレーズを入力する必要があります。パスフレーズで保護されていない秘密鍵または PKCS#12 パッケージは、インポートできません。

 

[鍵名]

この名前によって、ユーザ鍵データベース内の鍵や証明書を識別します。

 

[パスフレーズなし]

パスフレーズで保護されていない鍵をインポートするには、このオプションを選択します。

警告: セキュリティ確保のため、すべてのユーザ鍵をパスプレーズで保護する必要があります。パスフレーズを指定しないと、秘密鍵は鍵ストアに暗号化されない形式で保存され、鍵にアクセスできるすべてのユーザがその鍵を使用して認証できます。単体モードの場合、鍵は X マネージャと同じコンピュータに保存されます。ドメインモードの場合、Reflection X Advantage ストア内の鍵はドメインコントローラ上のデータベースに保存され、そのコンピュータの管理者がその鍵を読み取ることができます。

 

[鍵のパスフレーズ]

この鍵または証明書のパスフレーズを入力します。この鍵や証明書を認証に使用する時に、このパスフレーズを入力する必要があります。

 

[確認]

パスフレーズを再入力します。

関連項目

[Secure Shell ユーザ鍵] ダイアログボックス

ユーザ鍵認証の構成

Reflection X Advantage ストア内の証明書による認証