[キーボード] タブ

開き方

オプションは次のとおりです。

[[Backspace] キーで送る機能]

[Backspace] キーが押されたときにホストに送信されるものを選択します。

注意:この設定を変更すると、Reflection X Advantage が後退キーや削除キーの機能を X クライアントに送る方法に反映されます。X クライアントによって、この機能は異なって解釈されるので、一部のクライアントでは予期しない結果が起こる可能性があります。例えば、hpterm クライアントは、通常、削除キーに対して後退キーとして応答します。[[Backspace] キーで送る機能] オプションを [削除] に設定し、PC キーボードの [Backspace] キーを押すと、hpterm は削除ではなく後退キーとして応答します。

 

[後退キー]

[Backspace] キーを、後退キーとして機能させます。これが既定の設定です(このオプションが選択されているときに削除を実行する場合は、[Shift] キーを押しながら [Backspace] キーを押します)。

 

[削除]

Backspace キーを削除キーとして機能させます(このオプションが選択されているときに後退を実行する場合は、[Shift] キーを押しながら [Backspace] キーを押します)。

 

[Ctrl+h]

Backspace キーで、後退を実行します (このオプションは通常、UNIX ホストで使用します)。

[X クライアントによるキーボードの再割り当てを許可する]

一部のクライアント (xmodmap など) では、キーボードの再割り当てを行います。このオプションがオンの場合、クライアントの再割り当ては Reflection X キーマップファイルの指定を無効にします。

既定では、クライアント要求に関係なく、Reflection X のキーボード割り当てが使用されます。クライアントが再割り当てを試行したが、その動作が許可されていない場合は、プロトコルエラーがクライアントに返されます。

[キー割り当て]

現在のキーボードの割り当てを表示します。X マネージャまたは X マネージャ (ドメイン接続用) を使用している場合、キー割り当てを変更するには、[編集] をクリックします。

[ネーティブ IME サポート]

ワークステーションでIME (入力方式エディタ) を使用している場合は、[ネイティブ IME サポート] を有効にすることができます。この機能を使用すると、ワークステーションの IME でテキストを構成できます。Reflection X Advantage の XIM サーバで、構成されたテキストを IME から取得し、XIM を認識するクライアントに渡します。このため、新しい入力方法を習得しなくてもさまざまな X クライアントで作業できます。

Reflection XIM サーバは、以下の入力方法に対応しています。

  • オンザスポット編集およびオーバーザスポット編集
  • 日本語、中国語、韓国語の文字を含むすべての Unicode 文字

構成の詳細については、「Reflection X Advantage でローカル IME の使用を構成する」を参照してください。

[XIM サーバを起動する]

XIM サーバを起動してネイティブ IME から構成したテキストを取得し、X クライアントに渡します。

[クライアントに Reflection の XIM サーバの使用を強制する]

XIM サーバの X クライアントの選択を上書きして、ネイティブ IME を使用する XIM に強制的に接続します。

必ずこのオプションを選択する必要があります。これにより、X クライアントが Reflection XIM サーバ (ローカル IME から X クライアントに入力を渡すことのできる唯一の XIM サーバ) を検索できるようになります。(トラブルシューティングの際に、まれにこの設定をクリアする場合があります。)

関連項目

キー割り当て

キー割り当ての操作