[終了の確認] ダイアログボックス

セッションの実行中に X マネージャを終了しようとすると、このダイアログボックスが表示されます。セッションを停止したり、セッションから抜けたり、終了動作をキャンセルしたりできます。表示されるオプションは、X マネージャの実行方法とユーザ設定の構成方法によって変わります。

X マネージャ (単体):セッションを抜けることはできません。セッションを停止するか、終了動作をキャンセルできます。

X マネージャ (ドメイン接続用):リモートセッションサービスでサスペンド/再開オプションが構成されている場合は、サスペンド中のセッションに参加したり、このセッションから抜けたりできます。

注意:X マネージャ (ドメイン接続用) を終了しても、以前に抜けたセッションは引き続き実行されます。

[X マネージャを終了した時の操作] の設定が、[ユーザ設定][プロンプト] に構成されている場合は、このダイアログボックスが表示されます。この動作は、次の方法で変更できます。

  • [セッションから抜ける] (X マネージャ (ドメイン接続用)) または [停止] を選択して、[この選択を記憶する] を選択します。
  • [ユーザ設定] ダイアログボックスの設定を変更します。この動作を再度変更する場合も、この設定を使用する必要があります。