[カラースキーム] (管理コンソール)

開き方

左画面の [カラースキーム] の下には、作成またはインポートしたすべてのカラースキームと、管理者が作成したすべての公開スキームの一覧があります。

大多数のクライアントアプリケーションでは、Reflection X Advantage によって提供される既定のカラースキームを利用できます。ただし、クライアントアプリケーションから、既定のカラースキームで定義されていない特定の色の名前が要求された場合は、ユーザ独自のカラースキームを定義する必要があります。また、独自のカラースキームを指定して、アプリケーションの外観と操作性を制御することもできます。

使用可能なカラースキーム

[カラースキーム]

カラースキームが一覧表示されます。含まれるのは、既定のカラースキーム、すべての公開カラースキーム、およびすべての独自のスキーム (インポートまたは複製したスキーム) です。

カラースキームは、X クライアントが要求した色名の文字列を赤、緑、青 (RGB) 値に変換します。クライアントが名前で色を要求した場合、X サーバによって表示される色がカラースキームによって決定されます。ユーザは、カラースキームを変更することによって、表示される色を変更できます。

注意: すべてのクライアントが名前で色を要求するわけではありません。多くのクライアントが、色名の指定ではなく、RGB 値やその他の方法で色を要求します。カラースキームの変更に応じて、X サーバが表示する色が変更されるのは、クライアントが名前で色を要求した場合だけです。

実行中のセッションで使用されているカラースキームを変更した場合、セッションを再起動するまでそのセッションに変更は反映されません。

[+] コントロールと [–] コントロール

カラースキームをインポートまたは削除します。

注意: ほかの管理者が所有する公開スキームは削除できません。

矢印コントロール

選択した項目をリストの上方または下方に移動します。

[操作] メニューのコマンドを使用して、ドメインのカラースキームを管理します。

[複製]

現在のカラースキームをコピーします。X マネージャ (ドメイン接続用) では、読み取り専用の公開定義をコピーすると、コピーを編集できます。

 

[カラースキームのインポート]

既存の RGB カラーテキストファイルをインポートして、カラースキームを新規作成できる [カラースキームのインポート] ダイアログボックスを開きます。

 

[公開]

このドメインにログオンしている任意のユーザがこのカラースキームを使用できるようにします。スキームは、そのオーナーのみが変更できます。

[カラースキーム] 画面

カラースキームを選択すると、そのスキームに関連付けられた色の詳細が右側に表示されます。[カラースキーム] 画面のオプションを使用して、スキーム内の色の表示、編集、または削除を行えます。また、スキームに新しい色を作成できます。

 

[スキーム名]

カラースキームの定義の名前。提供されている名前を使用するか、独自の名前を入力します。

 

[スキームの色]

RGB のカラースキームのエントリが 2 列の表形式で表示されます。最初の列にはディスプレイ上での色の表示方法が示され、2 番目の列には色の名前が示されます。

注意: 色の多くは 2 つの名前を持っています。大文字と小文字が組み合わされた単一の名前 (ForestGreen など) とすべてが小文字の別の名前 (forest green など) です。X クライアントは、2 つのうちどちらかの名前で色を要求するので、両方の名前が含まれています。

 

[+] コントロールと [-] コントロール

スキームに色を追加するか、スキームから色を削除します。

 

[色カラムの並べ替え]

[色] 列を並べ替える方法を指定します。[色相] (既定値)、[彩度]、または [輝度] のいずれかによります。

 

[HSB]

[色] 列で選択されている色の色相、彩度、輝度 (HSB) 値が表示されます。[HSB] タブのスライダを使って、選択した色の HSB 値を変更します。

注意: 既定のカラースキームの場合、これらのスキームは変更不可能なため HSB スライダは表示されません。

 

[RGB]

[色] 列で選択されている色の赤、緑、青 (RGB) 値が表示されます。[RGB] タブのスライダを使って、選択した色の RGB 値を変更します。

注意: 既定のカラースキームの場合、これらのスキームは変更不可能なため RGB スライダは表示されません。

 

[プレビュー]

[色] 列で選択された色がどのように表示されるかを表示します。

関連項目

色の操作

カラースキームのカスタマイズ

カラースキームのインポート

X ウィンドウシステムの色の対応