[クライアントの定義]

[X クライアント] の下で定義を作成または選択するたびに、[クライアントの定義] 画面が表示されます。この画面を使用して、リモートホストで X クライアントを起動するための設定を指定します。

[名前]

このクライアント定義のわかりやすい名前。

[ホスト名]

X クライアントのホストコンピュータの名前またはアドレス。ホストの IP アドレス (123.12.23.4 など) を入力でき、アドレスの解決にドメイン名サーバを使用している場合は、ホスト名だけを入力できます。

ここを空白にしておくと、接続の開始時にホスト名の入力を求められます。

[ホストの種類]

選択したホストの種類に該当する既定の値を設定します。選択されたホストの種類は以下に影響します。

  • [コマンド] ドロップダウンリストに表示されるサンプルコマンドの構文と選択。
  • 既定のログインシーケンス。
  • セッションに関してユーザベースの認証が有効になっている場合に使用される既定の xauth コマンド。

    注意:2 つの Linux オプションを使用できます。X クライアントアプリケーションを /usr/x11R6/bin に保存する古い Linux システム (新しいシステムは /usr/bin を使用) の場合は、[Linux (旧)] オプションを使用してください。

     

[接続方法]

接続に使用されるプロトコル。次のオプションがあります。

[ユーザ名]

ホストでのユーザ名。これを省略すると、接続時にユーザ名の入力を求められます。

[パスワード]

ホストでのユーザ名。ここを空白にしておくと、接続の開始時にホスト名の入力を求められます。このオプションは、[接続方法] が Telnet、Rexec、または Rlogin に設定されている場合にのみ使用できます。

注意:パスワードは、画面ではアスタリスクに置き換えられますが、データベースにはプレーンテキスト形式で保存されます。

 

[詳細設定]

選択した接続方法に関する追加設定のダイアログボックスが表示されます。

[アプリケーション]

X クライアントを起動する時に単一のコマンドを使用するか、複数のコマンドを使用するかを選択します。

ほとんどの接続に関して、[単一コマンド] (既定) をお勧めします。このオプションを選択すると、[コマンド] ボックスでドロップダウン矢印を使用して、X クライアントを起動するためのサンプルコマンドを選択できます (複数のクライアントを起動する場合は、クライアントごとに個別のクライアント定義を構成して、それらをラウンチグループに追加できます)。

Telnet および Rlogin 接続の場合は、[複数コマンド] を選択すると、各コマンドの前に表示されるホストプロンプトと、このホストプロンプトがオプションかどうかを指定することができます。

[コマンド]

X クライアントの起動コマンドを指定します。ドロップダウンリストに、現在選択されているホストの種類で一般に動作するサンプルクライアントコマンドが示されます。これらのサンプルを使用することで、追加のコマンドラインを容易に作成できます。コマンドの構成の詳細については、「X クライアントの構成」を参照してください。これらのコマンドで使用されるマクロ (%IP% など) については、「X クライアントのコマンド - マクロ参照」も参照してください。

[既定セッション]

セッションが実行中でないと、X クライアントアプリケーションを表示できません。ドロップダウンリストを使用して、このクライアントの既定のセッション定義を選択します。<セッションのプロンプト> をオンにすると、クライアントの起動時にセッションの選択を求められます。セッションがまだ実行されていない場合、クライアントを起動すると Reflection X Advantage でセッションが開始されます。

[常に新しいインスタンス上で起動]

この X クライアントを起動するたびに新しいセッションインスタンスが開始されます。クライアントがリモートウィンドウマネージャを起動する場合は、KDE、CDE、GNOME などのデスクトップ環境を起動する場合と同様に、このオプションを使用してください。

[クライアントの自動起動]

X マネージャの起動時にクライアントを自動的に起動させるには、このオプションをオンにします。

関連項目

X クライアントの構成

セッションの定義

[提供セッション]と[参加しているセッション]