よくある質問

X クライアントの起動方法を教えてください。
クライアント定義がある場合は、X マネージャ および X マネージャ (ドメイン接続用) から、「定義をダブルクリックする」、「定義を選択し、ツールバーの起動矢印ボタンをクリックする」、「定義を右クリックし、[起動] を選択する」、メニューの [操作] - [起動] コマンドを使用する」といった複数の方法でクライアントを起動できます。既定のセッションが構成されていない場合は、セッションの選択を求められます。既定のサンプル定義を使用すると、簡単に使用を開始できます。「サンプル定義による X クライアントアプリケーションの起動」を参照してください。 ショートカットおよびコマンドラインオプションを使用してクライアントを起動することもできます。詳細については、「クライアントの起動」を参照してください。

接続を確立しようとすると、「クライアントは X サーバに接続できませんでした」と表示されます。この問題の解決方法を教えてください。
このメッセージがステータスバーに表示される場合は、Reflection X Advantage がホストに接続できたのにクライアントを起動するために指定されたコマンドがホストで有効でないことを意味します。指定された場所に X クライアントアプリケーションがない、または X クライアントアプリケーションをホストで使用できない可能性があります。[コマンド] ボックスには、サンプルコマンドのドロップダウンリストがあります。サンプルコマンドのリストは、[ホストの種類] の現在の値に基づいて変化します。[ホストの種類][標準 UNIX ホスト] に設定されている場合は、使用しているホストの種類に合わせて値を変更してから、別のサンプルコマンドを使用してみてください。リストにない X クライアントを起動するには、クライアントアプリケーションの正しいパスを確認して、いずれかのサンプルコマンドの該当部分を編集してください。 詳細については、「X クライアントの構成」を参照してください。

クライアントの起動が、バージョン 5.0 と異なっています。何が変更されたのですか。既存の設定は、使用できますか?
バージョン 5.0 における変更により、セッションの構成と開始が容易になっています。クライアントの定義を使用して X サーバを起動し、ホストに接続することが可能になりました。既存の設定は、正しく機能するように自動的に更新されます。移行された X クライアントまたは XDMCP の定義をダブルクリックするだけで使用を開始することができます。

5.0 より前のバージョンでは、定義の種類が「サーバ」、「セッション」、および「クライアント」の 3 つでした。クライアントを起動するには、セッションを起動する必要がありました。このセッションにより、サーバやオプションのクライアントが起動されていました。バージョン 5.0 では、サーバの設定がセッションの設定に組み込まれました。また、クライアントを使用してセッションを開始できます。また、バージョン 5.0 では、XDMCP 接続用の新しい接続の種類も導入されました。バージョン 5.0 における変更の詳細については、「バージョン 5.0 の新機能」を参照してください。

設定を保存する方法と保存場所を教えてください。
設定は、使用時に自動的に Reflection X Advantage データベースに保存されます。

操作を取り消すことはできますか?
定義を編集した後に元に戻すオプションはありません。ただし、削除した定義は簡単に復元できます。定義のゴミ箱のアイコン (ゴミ箱) をクリックするか、[ファイル] - [定義のゴミ箱] コマンドを選択してください。これにより、削除された定義のリストを示すダイアログボックスが表示されます。リストの項目を選択し、[項目を元に戻す] をクリックすることができます。既定では、終了するとゴミ箱が削除されます。この動作は、[ファイル] - [ユーザ設定] コマンドを選択することによって変更できます。

単体モードまたはドメインモードを使用する必要がありますか?
単体モードは、1 つのアプリケーション (既定でインストールされている X マネージャ) で提供されます。このモードでは、既定の設定を使用してインストールするだけで使用を開始できます。また、ホストアプリケーションへの接続を容易にするサンプル設定が含まれています。Reflection X Advantage をドメインモードで実行すると、単体モードのすべての機能と、追加のドメインサービスにアクセスできます。これらの追加のサービスには、「設定の一元化された構成への対応」、「実行中のセッションから抜けたり、実行中のそれらのセッションに同じコンピュータまたはドメイン内の別のコンピュータから再び参加したりする機能」、および「システムがクラッシュしたり接続が失われたりした場合にも実行中のセッションの使用可能な状態が確保されるフェイルオーバー」が含まれます。機能の比較については、「動作モード: ドメインモードと単体モード」を参照してください。いくつかの一般的なドメイン構成を示す図については、「サンプルドメインの構成」を参照してください。

Reflection X Advantage ドメインの設定方法を教えてください。
ドメインを構成するには、ドメインコントローラと管理コンソールをインストールし、ドメインノードを追加して、ユーザのワークステーションに X マネージャ (ドメイン接続用) をインストールする必要があります。詳細については、「ドメインコンポーネントの設定」を参照してください。

クライアントまたはセッションの定義を編集できないのはなぜですか?
X マネージャ (ドメイン接続用) を実行しているユーザは、ドメイン管理者がこのユーザに対して使用可能にしたクライアントおよびセッションの公開定義を表示できます。このユーザはこれらの定義を使用してセッションを開始できますが、これらの定義を編集できるのは管理者だけです。

だれが定義を共有できますか?
公開定義を作成する機能は、Reflection X Advantage 管理コンソールを使用している場合に利用でき、その利用は管理者に限定されています。単体モードでは、この機能は使用できません。どちらのモードでも、定義をエクスポートおよびインポートして、それらの定義を他のユーザと共有することができます。

ディスプレイを共有できますか?
だれでも、X マネージャ または X マネージャ (ドメイン接続用) からディスプレイを共有できます。実行中のセッションを選択し、右側の [セッションの状況] セクションを確認します。

X マネージャ を実行中の場合は、[共有] をクリックします。これにより、接続先 URL が生成されます。[URL のコピー] をクリックしてこの URL をコピーし、他のユーザに送信します。受信したユーザは、[操作] - [参加] コマンドを使用してセッションに参加できます。

X マネージャ (ドメイン接続用) を実行中の場合は、[許可されているユーザ] リストを編集します。ここで追加したユーザには、このセッションが [提供セッション] に表示されます。 詳細については、「セッションの共有とサスペンド」を参照してください。

セッションの実行中にクライアントおよびセッションの定義を編集できますか?
はい、できます。この変更は、実行中のクライアントおよびセッションには影響しませんが、クライアントまたはセッションを次回起動するときに適用されます。

セッションを開始すると何が起こりますか?
セッションを開始すると、X サーバが起動します。この X サーバは、X クライアントアプリケーションを表示し、キーボードおよびマウス入力を受け取ります。セッションを開始すると、クライアント接続およびプロトコルルーティングを管理するセッションプロセスも開始されます。クライアントを起動する前にセッションを開始できますが、クライアントを起動するまではディスプレイが表示されません。

X クライアントまたは XDMCP 接続を起動すると何が起こりますか?
セッションが実行されていないと、Reflection X Advantage は、X クライアントアプリケーションまたはデスクトップを表示できません。X クライアントまたは XDMCP 接続を起動すると、Reflection X Advantage は、定義で既定のセッションが指定されているかどうかを確認します。既定のセッションがない場合は、セッションの選択を求められます。既定のセッションがある場合、Reflection X Advantage は、そのセッションが実行中かどうかを確認し、実行中でなければセッションを開始します。セッションが実行されると、Reflection X Advantage は、クライアントを起動し、そのセッション用に構成されている設定を使用してクライアントを表示します。

セッションおよびクライアントアプリケーションを自動的に起動するように Reflection X Advantage を構成できますか?
はい、できます。各種類の定義には、X マネージャ または X マネージャ (ドメイン接続用) の起動時にその定義を自動的に起動する設定が含まれています。例えば、セッションの定義で、[自動開始セッション] を選択すると、セッションが自動的に開始されます。これにより、クライアントを起動する際に時間を節約できます。これは、端末セッションからクライアントを起動する場合にも役立ちます。X マネージャ を起動し、バックグラウンドで動作させると、X サーバが自動的に実行し、使用可能になっていることがわかります。

ラウンチグループとは何ですか?
ラウンチグループにより、複数のアプリケーションを起動できます。定義済みの X クライアントまたは XDMCP 接続をグループに追加し、ラウンチグループを起動すると、追加したすべての項目が起動します。[ラウンチグループの自動起動] をオンにすると、X マネージャ または X マネージャ (ドメイン接続用) の起動時にすべてのアプリケーションが自動的に起動します。

管理者の質問

カスタム設定を作成してエンドユーザに配布する方法を教えてください。
ドメインモードでは、公開セッションを作成して共有します。単体モードでは、Reflection Security Gateway (別売り) を使用して設定を配布します。ドメインモードおよび単体モードのどちらの場合も、カスタムテンプレートをインストールしてください。これらのオプションの詳細については、「設定の配布 - 概要」を参照してください。

コマンドラインを使用して Reflection X Advantage を起動できますか?
はい、できます。X マネージャ を起動するには rxmgr を使用し、X マネージャ (ドメイン接続用) を起動するには rxmgrdomains を使用してください。これらのコマンドラインユーティリティには、特定のクライアントおよびセッションを起動するオプションに加えて、ユーザインタフェースへのユーザのアクセスを制限するオプションも含まれています。

設定への読み取り専用アクセスをユーザに提供し、ユーザに独自の設定を作成させないようにすることはできますか?
rxmgr および rxmgrdomains コマンドラインユーティリティを使用することで可能です。-execOnly オプションを使用して Reflection X Advantage をスリムダウンモードで起動することで、ユーザに、設定を編集する機能へのアクセスを許可することなく、提供した定義を表示および使用させることができます。

詳細情報の入手先

トラブルシューティング

操作手順