カスタムテンプレートを使用したセッションの配布

テンプレートは、Reflection X Advantage の templates フォルダにインストールされる定義ファイルです。テンプレートは、ユーザが初めて X マネージャ、または X マネージャ (ドメイン接続用) を実行する時に、ユーザごとにインポートされます。定義ファイルはその作成方法によって、サイレントにインポートされたり、初期起動時に表示される [移行された設定とテンプレートをインポートする] ダイアログボックスに含まれたりします。

注意:Reflection X Advantage をドメインモードで実行すると、カスタムテンプレートを作成、配布する代わりに (または作成、配布しながら)、公開設定定義を作成および共有できます。公開定義は、配布されるテンプレートとは異なり、X マネージャ (ドメイン接続用) がユーザのワークステーションにインストールされた後でも作成および変更できます。

カスタムテンプレートを作成するには

  1. X マネージャまたは X マネージャ (ドメイン接続用) から、[ファイル] - [エクスポート] をクリックします。
  2. テンプレートに含める定義を選択します。
  3. [テンプレート構成] オプションを使用して、このテンプレートのインポート方法を構成します。
    • ユーザが一覧からテンプレートを選択できるようにするには、[テンプレート名] を入力します。この名前は、初期起動時に表示される [移行された設定とテンプレートをインポートする] ダイアログボックスの、使用可能テンプレートの一覧に表示されます。(この名前は、[初回実行時にテンプレートを自動でインポートする] がオンの場合は表示されません。)
    • テンプレートがサイレントにインポートされるよう構成するには、[初回実行時にテンプレートを自動でインポートする] をオンにします。
  4. [エクスポート] をクリックします。ファイル名を入力し、[保存] をクリックしてエクスポートプロセスを完了します。
  5. このテンプレートを Reflection X Advantage の templates フォルダに入れます。Windows システムに配布する場合、Attachmate カスタム設定ツール を使用してテンプレートのコンパニオンインストーラパッケージを作成し、製品のインストール後にこのパッケージを自動的に実行します。これにより、初期起動時にユーザがテンプレートを使用できるようになります。「コンパニオンインストーラパッケージによるカスタムテンプレートのインストール」を参照してください。

関連項目

定義のエクスポートとインポート

[定義のエクスポート] ダイアログボックス

コンパニオンインストーラパッケージによるカスタムテンプレートのインストール