ドメインアクセスの制御方法

御社で実施中の認証処理を活用して、Reflection X Advantage で認証を行えます。Reflection X Advantage は、以下の認証方式に対応しています。

  • Windows
    Reflection X ドメインコントローラが Windows システム上にインストールされている場合の既定の認証システム。
  • PAM (Pluggable Authentication Modules)
    Windows 以外の複数のオペレーティングシステムで使用できます。これは、Reflection X ドメインコントローラが Windows 以外のシステム上にインストールされている場合の既定の認証システムです。
  • LDAP (Lightweight Directory Access Protocol)
    LDAP に対応する多くのディレクトリサーバで使用できる、一般的なユーザ認証方法。LDAP 認証の構成は、標準的でないスキーマを持つさまざまな LDAP サーバで使用できるようになっています。
  • Reflection X 内部
    ユーザを認証する軽量な方式。Reflection X Advantage の管理者がユーザの一覧を手動で管理します。

既定の Reflection X Advantage 認証方式は、ドメインコントローラをインストールしたコンピュータのオペレーティングシステムによって異なります。ドメインコントローラを Windows コンピュータにインストールした場合、Windows の認証が使用されます。ドメインコントローラを Windows 以外のコンピュータにインストールした場合、PAM 認証が使用されます。

認証システムは、ユーザがログオンした時にドメインに自動的に追加されるように設定することも、ユーザを個別に追加するように設定することもできます (個別の割り当てを要求することで、既知のユーザの一部にのみアクセスを与えることができます)。

注意: 内部方式を除くすべての認証方式が、ユーザの自動追加に対応しています。