X マネージャの起動

Reflection X Advantage には、単体モードとドメインモードの 2 つのモードがあります。X マネージャは、どちらのモードでもグラフィカルユーザインタフェース (GUI) またはコマンドラインから起動できます。

X マネージャをドメインモードで起動する場合、ユーザはドメインで使用される認証方式に対して適切な資格情報を入力し、ドメインにログオンする必要があります。

注意:

  • 既定の Reflection X Advantage 認証方式は、ドメインコントローラをインストールしたコンピュータのオペレーティングシステムによって異なります。ドメイン管理者は、管理コンソールから既定値を変更したり、認証を設定したりできます。
  • Reflection X Advantage は、以前のバージョンの Reflection X Advantage (v. 13 または 14)、および Hummingbird 社の Exceed 製品から設定を移行します。X マネージャ または X マネージャ (ドメイン接続用) の初回起動時にローカル設定が自動的に移行され、設定をインポートするよう指示されます。設定をインポートしないよう選択した場合は、Reflection X Advantage を使用して後からインポートできます。

関連項目

単体モードでの起動

ドメインモードでの起動

動作モード: ドメインモードと単体モード

rxmgrdomains コマンドライン - X マネージャ (ドメイン接続用)

Reflection X バージョン 13 または 14 からのアップグレード