Reflection X Advantage のファイルをすべて削除する

Reflection X Advantage をアンインストールしても関連するファイルとディレクトリは削除されません。関連するファイルとディレクトリをすべて削除するには、以下の手順を使用します。

Windows インストールからファイルを削除するには

  1. %ALLUSERSPROFILE% フォルダにある .attachmate フォルダとそのサブフォルダをすべて削除します。

    注意:このフォルダには、X マネージャ (ドメイン接続用) で使用するデータベースとログが含まれています。

  2. X マネージャを構成済みのユーザの %USERPROFILE% フォルダにある .attachmate フォルダとそのサブフォルダをすべて削除します。

    注意:このフォルダには、X マネージャ で使用するデータベースとログが含まれています。

UNIX インストールからファイルを削除するには

  1. インストールディレクトリを削除します。既定の場所は次の通りです。

    /opt/rxadvantage

    例えば、opt フォルダに移動してから、以下のように入力します。

    rm -fr rxadvantage

    注意:インストールディレクトリの db および logs サブディレクトリには、X マネージャ (ドメイン接続用) で使用するデータベースとログが含まれます。

  2. X マネージャを構成済みのユーザのホームディレクトリに移動し、.attachmate ディレクトリとそのサブディレクトリをすべて削除します。

    rm -fr .attachmate

    注意:ユーザのホームディレクトリにある .attachmate ディレクトリには、X マネージャで使用するデータベースとログが含まれています。

関連項目

Reflection X Advantage のアンインストール