Reflection X Advantage のセッションプロセス

Reflection X Advantage では、従来の X サーバが別々の協調プロセス (クライアントコネクタ、プロトコルルータ、および 1 台以上の X サーバ) に分かれています。このプロセスの組み合わせが「X セッション」と呼ばれます。これらのプロセスは、構成によっては 1 台以上のコンピュータに分散する場合があります。

 

クライアントコネクタとプロトコルルータ

クライアントコネクタとプロトコルルータ

クライアントコネクタとプロトコルルータは、同じコンピュータで一緒に実行されます。クライアントコネクタは X クライアントアプリケーションから X プロトコルデータを受信し、Reflection X Advantage の独自プロトコルに変換してプロトコルルータに送信します。

プロトコルルータは Reflection X Advantage セッションのトラフィックのハブとして機能します。プロトコルルータは、クライアントコネクタから受信したプロトコルを、セッションに接続している 1 つ以上の X サーバディスプレイに転送します。

X サーバ
X サーバは、プロトコルルータからデータを受信して処理します。Reflection X Advantage には、次の 2 種類の X サーバがあります。

   X サーバディスプレイ

X サーバディスプレイ

このサーバは X クライアントアプリケーションディスプレイを作成し、ユーザによる入力 (キーボードやマウスなど) をプロトコルルータに返します。この入力内容がクライアントプログラムに送信されます。共有セッションには、複数の X サーバディスプレイがある場合があります。

   ヘッドレス X サーバ

ヘッドレス X サーバ

このサーバには物理的なディスプレイがありませんが、すべての X プロトコルを処理します。ヘッドレス X サーバを有効にすると、問い合わせのみの要求を低速の接続を介してユーザデスクトップの X サーバディスプレイに転送する必要がなくなります。セッションがサスペンドされると、ヘッドレスサーバは、クライアント要求の処理を継続することにより、セッションの実行状態を保ちます。

 

関連項目

Reflection X Advantage のドメインコンポーネント

X マネージャ (ドメイン接続用) の基本セッション

X マネージャ (ドメイン接続用) の分散セッション

サンプルドメインの構成