Windows 証明書ストア内の証明書による認証

Windows で動作している場合、Windows 証明書ストア内の個人証明書を使用して認証するように、Reflection X Advantage の Secure Shell セッションを構成することができます。

注意:

  • Windows ストア内の証明書は RSA 鍵 ペアを使用する必要があります。DSA 鍵には対応していません。
  • Secure Shell サーバの管理者は、ユーザ証明書を受け入れ、検証するようにサーバを構成する必要があります。手順はサーバによって異なります。詳細については、Secure Shell サーバのマニュアルを参照してください。

設定をはじめる前に、以下を行います。

必要な RSA 証明書が Windows の個人ストアにインストールされていることを確認します (Windows のコントロールパネルから [インターネットオプション] - [コンテンツ] - [証明書] - [個人] を使用して、証明書を表示し、管理することができます)。

Windows 証明書ストア内の証明書を使用するには

  1. X マネージャ または X マネージャ (ドメイン接続用) を起動します。
  2. [ツール] メニューで [Secure Shell ユーザ鍵] を選択します。
  3. [ユーザ鍵ソース] の横のプラス記号 (+) をクリックし、[Windows 証明書ストアを追加する] を選択します。

Windows の個人証明書ストアに入っている証明書が、証明書リストに表示されます。[Windows 証明書ストア] がリストで [ユーザ鍵ソース] より下にある限り、Reflection X Advantage は、証明書認証に対応するホストに接続するとき、このリスト内の証明書の使用を試みます。

関連項目

ユーザ証明書認証の構成