目次/索引/検索の表示

X マネージャ (単体) の分散セッション

単体の X マネージャ (既定でインストールされる) を実行している場合は、リモートセッションサービス機能を使用して分散セッションを構成することができます。ネットワークで遅延の多さや帯域幅の狭さが問題となっている場合は、セッションを分散することでパフォーマンスを上げることができます (通常は X クライアントホストが X マネージャワークステーションから離れた場所にあるためです)。この構成であれば、VPN 経由で接続している場合に XDMCP を使用して問題を解決することもできます。

分散セッションを構成するには、リモートセッションサービスを使用します。単体の X マネージャからこの機能に対応するには、X クライアントホストか、このホストに高速接続している UNIX コンピュータにリモートセッションサービス機能をインストールする必要があります。また、このホストで実行されるようにセッションを構成する必要もあります。詳細については、「単体モードでの分散セッションの構成方法」を参照してください。

注意:単体の X マネージャが使用する定義はすべて、X マネージャワークステーション上の Reflection X Advantage データベースに保存されます。

 

以下に、[リモートセッションサービス][遅延の多いネットワークのパフォーマンス] に設定されている場合の、遅延の多いネットワークでのイベントのシーケンスを示します。この例では、[リモートセッションサービス] 機能がインストールされており、X クライアントホスト上で実行されています。

  1. X マネージャを起動すると、ワークステーション上のデータベースからセッションの設定が取得されます。
  2. セッションを起動すると、X クライアント ホスト上にクライアントコネクタとプロトコルルータが作成され、X クライアントアプリケーションがクライアントコネクタと接続します。
  3. X サーバディスプレイはワークステーション上に作成されます。Reflection X Advantage はプロトコルルータと X サーバディスプレイの間の接続の遅延を自動的に測定し、遅延がパフォーマンスに影響するほど大きい場合には、X クライアントホスト上にヘッドレス X サーバを作成します。ディスプレイの更新に必要な X プロトコルコマンドのみが 2 台のコンピュータの間をやり取りされます。

     

    X マネージャの分散セッションにおけるデータの流れ

    注意:遅延の多いネットワークの場合、この構成によってネットワーク上のデータ交換が短絡化され、パフォーマンスが向上します。ヘッドレス X サーバがクライアントホストで実行されていると、ディスプレイに影響しないクライアント/サーバのデータ交換がクライアントとヘッドレス X サーバの間で行われますが、これがワークステーションの X サーバディスプレイに送信されることはありません。この結果、ラウンドトリップネットワークメッセージの数が削減されるため、ワークステーションでの応答時間を短縮できます。また、ネットワークの帯域幅が狭い場合に、プロトコルルータと X サーバディスプレイの間のプロトコルが圧縮されます。

関連項目

単体モードでの分散セッションの構成方法

[リモートセッションサービス] - X マネージャ

Reflection X Advantage のセッションプロセス

X マネージャの基本セッション