目次/索引/検索の表示
[全般]タブ- [Secure Shell の詳細設定]

表示方法

オプションは次のとおりです。

 

[ポート]

SSH サーバがリッスンしているポート番号を入力します。既定値は 22 です。

 

[Secure Shell圧縮を使用する]

Zlib 圧縮を使用してすべてのデータ (stdin、stdout、stderr、および転送された X11 接続に関するデータを含む) を圧縮します。

 

[X11トンネル接続を行う]

安全なトンネルを介してリモートの X11 ポートから送信されたすべてのデータを正しいローカルポートへ自動転送します。

 

 

注意:[X11トンネル接続を行う] が有効になっている (既定) 場合、xauth コマンドオプションは使用できません。

[別の xauth コマンドを使用する]

別の xauth コマンドを構成するには、このオプションを選択します。xauth コマンドは、[ネットワークセキュリティ] - [ユーザベースの許可] が有効になっているセッションに影響します。

[Xauth コマンド]

ユーザのホームディレクトリにある .XAuthority ファイルに MIT Cookie を書き込む別のコマンドを指定します。

マクロに対応しています。例えば、次のコマンドで、%IP#% は IP アドレスとディスプレイ番号を提供し、%C% は MIT-MAGIC-COOKIE-1 許可を指定し、16 進に符号化された必要な許可データを提供します。

xauth add %IP#% %C%

このオプションは、[別の xauth コマンドを使用する] が選択されている時だけ使用できます。

 

[クワイエットモード]

ホストが送信するバナーメッセージが表示されないようにします。

関連項目

Secure Shell 接続方法

[Secure Shell の詳細設定]

[暗号化] タブ - [Secure Shell の詳細設定]

[認証] タブ - Secure Shell の詳細設定

Secure Shell (SSH) 接続の設定