目次/索引/検索の表示

[全般] タブ

開き方

オプションは次のとおりです。

[セッション名]

このセッション定義の名前。この名前により、[セッションの定義] リストのセッションを識別できます。

[クライアントを X 端末風のデスクトップに表示する]

1 つのウィンドウですべてのクライアントを実行し、ディスプレイを X 端末の標準ディスプレイのように表示します。これは、「シングルウィンドウ」モードとも呼ばれます。XDMCP 接続には、このオプションが必要です。

[クライアントをデスクトップに表示する]

オペレーティングシステムのアプリケーションのように、クライアントを個別のウィンドウで実行します。これは、「マルチウィンドウ」モードとも呼ばれます。

[最後のセッションでの操作]

最終のクライアントを閉じたときに実行される操作を指定します。X クライアントセッションの場合は、[遅延(秒)] で指定した時間が経過した後にこの操作が実行されます。XDMCP 接続の場合は、ログアウトの直後にこの操作が実行されます。

 

[セッションをリセットする]

セッションをリセットします。リセットによってサーバは、クライアントがセッションを使用する前の状態に戻ります。

 

[セッションを停止する]

セッションを閉じます。

 

[セッションを停止して X マネージャを終了する]

セッションを閉じます。これが最後の実行中のセッションである場合は、X マネージャも終了します。

 

[何もしない]

セッションをリセットせずに実行し続けます。ユーザの環境が変わらないことを前提に作成されているアプリケーションの場合に有効です。

[遅延 (秒)]

セッションがリセットまたは停止されるまでの、無活動状態の経過時間 (秒) を指定します。この期間中にクライアントが接続される場合、[セッションをリセットする] または [セッションを停止する] の設定は無視されます。この設定は、X クライアントの定義に適用され、XDMCP 接続には適用されません。

注意:セッションで XDMCP デスクトップを実行中の場合は、このオプションが適用されません。デスクトップからログオフすると、最後のセッションでの操作がすぐに実行されます (待ち時間なし)。

[自動開始セッション]

X マネージャが起動すると、このセッションが自動的に開始されます。

[共有の無効化]

このセッションを使用する X クライアントおよび XDMCP 接続に関する共有を無効にします。

[セッションインスタンスの制限数]

このセッションのインスタンスの上限数を設定します。このオプションでは、同じセッションインスタンスを使用して実行可能なクライアントの数は制限されません。他の種類のセッションの実行可能なインスタンス数には影響しません。

リモートセッションサービス

 

他のコンピュータに Reflection X Advantage セッションコンポーネントを実行するためのサポートをインストールしてある場合は、[リモートセッションサービス] を使用できます。使用できるオプションは、実行しているモード (単体モードまたはドメインモード) によって異なります。詳細については、以下を参照してください。

[リモートセッションサービス] - (X マネージャ)

[リモートセッションサービス] - (X マネージャ (ドメイン接続用))

関連項目

セッション保持とパフォーマンスの管理

ドメインの管理

単体モードでの分散セッションの構成方法