目次/索引/検索の表示

Secure Shell 接続方法

Secure Shell (「SSH」とも呼ばれます) は、既定の接続方法です。Secure Shell プロトコルは、Telnet、Rexec、Rlogin、Rsh の代わりとなる安全な接続方法を実現します。Secure Shell 接続ではホスト認証とユーザ認証の両方が必要とされ、ホスト間のすべての通信は、暗号化された通信チャネルを介して行われます。

パスワードの保存は、Secure Shell 接続では対応していません。ホストの構成方法により、接続時に単純なパスワードプロンプトが表示されるか、追加情報の入力が求められます。

Secure Shell プロトコルは、公開鍵/秘密鍵ペアを使用するユーザまたはユーザ認証用の証明書にも対応しています。詳細については、「Secure Shell 接続の設定」を参照してください。

関連項目

[クライアントの定義]

Secure Shell (SSH) 接続の設定

X クライアントの構成

[Secure Shell の詳細設定]