目次/索引/検索の表示
[ログオン情報の入力] ダイアログボックス

開き方

X マネージャ (ドメイン接続用) や管理コンソールを使用するには、Reflection X Advantage ドメインにログオンする必要があります。

注意:多くの場合、コンピュータへのログオン時と同じユーザ名とパスワードを使用して Reflection X Advantage ドメインにログオンできます。ログオン情報の詳細については、Reflection X Advantage ドメイン管理者にお問い合わせください。

 

 

[ユーザ名]

ドメインで使用するユーザ名です。

 

[パスワード]

このユーザ名に関連付けられたパスワード。

 

[ドメイン]

Reflection X Advantage ドメインコントローラがインストールされているコンピュータの名前。

X マネージャ (ドメイン接続用) に初めてログインする場合は、Reflection X Advantage ドメイン管理者からこの情報を入手してください。

 

Reflection X Advantage ドメイン管理者向けの注意:

  • 新しく作成したドメインに初めてログオンする管理者の場合は、X 管理コンソールまたは X マネージャ (ドメイン接続用) を使用して初回ログインを実行できます。最初のログインで指定する名前が、既定のドメイン管理者になります。詳細については、「ドメインコントローラの設定」を参照してください。
  • UNIX システムでは、最初のドメインユーザの認証に PAM 認証を使用します。 UNIX システムによっては、pam_securetty モジュールが既定で構成されており、ユーザがセキュア tty でログインしている場合にのみルートログインが許可される場合があります。このようなシステムでは、ルートの資格情報を使用して Reflection X Advantage ドメインにログオンすることはできません。
  • Windows システムでは、最初のドメインユーザは、Reflection X Advantage をインストールするユーザと同じ Windows ドメインのメンバのユーザである必要があります。
  • 管理コンソールにログオンするには、Reflection X Advantage ドメイン管理者である必要があります。
  • 管理者は、管理コンソールの [認証] タブを使用して、ドメインへのアクセス権を持つユーザと、ドメイン管理者になれるユーザを判定できます。

関連項目

ドメインの認証

サンプルドメインの構成

ドメインへのログオンに関する問題