目次/索引/検索の表示
[定義のインポート] ダイアログボックス

開き方

使用可能な定義 (セッション、クライアント、サーバ、フォントコレクション、カラースキーム、および信頼されているホストとユーザ鍵) を Reflection X Advantage の .rxd 定義ファイルからインポートできます。通常、.rxd ファイルは、実行中の X マネージャでコンピュータ上で一連の定義をエクスポートし、定義のインポート先コンピュータにエクスポートファイルをコピーすることで作成されます。

[使用可能な定義]

[ファイルの選択]

[定義ファイルの選択] ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスでは、インポートする定義が含まれる定義ファイル (.rxd) を選択して開けます。

[使用可能な定義]

インポート可能なすべての定義をリストします。

現在のカテゴリ内のすべての選択をオフにします。

現在のカテゴリ内のすべての項目を選択します。

現在のカテゴリ内のすべての選択をオフにします。

現在のカテゴリ内のすべての選択をオフにします。

インポートのオプション

[インポートするファイル: <ファイル名>]

インポートするために開いた定義ファイルのパスと名前を識別します。

[参照している定義を自動的に含める]

ほかの定義を参照する使用可能な定義を選択した場合に、関連するすべての定義を [インポートを保留中の定義] リストに追加するには、このオプションを選択します。関連する定義をインポートするときに、一緒にまとめておくためには、これを選択しておくことが重要です。

例えば、インポートするセッション定義を選択すると、そのセッション定義によって参照されるクライアント、サーバ、フォント、およびカラースキーム定義もインポートリストに追加されます。

[インポートを保留中の定義]

[インポートを保留中の定義]

[インポート] ファイルに追加されるすべての定義をリストします。

[名前]

インポートする定義を識別します。

[種類]

インポートされる定義の種類を識別します。

[理由]

定義が [インポートを保留中の定義] リストに追加された理由を示します。

[インポート]

[インポートを保留中の定義] リストの定義をインポートします。インポートされる項目の名前が、定義データベースの中にすでに存在する定義と同じであれば、[発見されたインポートの問題] ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで名前の競合を解決し、インポート操作を完了できます。

関連項目

[発見されたインポートの問題] ダイアログボックス