目次/索引/検索の表示

[フォント] タブ

開き方

次のオプションがあります。

[サーバフォントパス]

クライアントアプリケーションがフォントを要求した時に Reflection X が検索するフォントコレクションが表示されます。フォントコレクションは、リスト内に表示される順番で検索されます。

注意:通常使用するフォントがリストの一番上に来るようにリストの順序を変更し、使用しないフォントコレクションを削除すると、検索のパフォーマンスが向上します。

[フォントコレクション]

使用可能なすべてのフォントコレクションが表示されます。

[X クライアントホストのフォントサーバを使用する]

[サーバフォントパス] で指定したフォントコレクションにないフォントをクライアントアプリケーションが要求した場合、Reflection X Advantage はポート 7100 上の X クライアントホストにあるフォントサーバを検索します。実行中のフォントサーバが見つかると、Reflection X Advantage はそのフォントサーバに未解決のフォント要求を渡します。

[無いフォントを他で代用する]

クライアントアプリケーションが、提供されていないフォントを要求した場合にそれらのフォントを置き換えます。

[クライアントによるフォントパスの設定を許可する]

クライアントがフォントパスを設定することを許可します。[詳細設定] をクリックしてフォントパスオプションを構成します。オフの場合、X クライアントがフォントパスを変更できないようにします (メッセージは表示されません)。X クライアントがパスを変更しようとした場合、プロトコルエラーは生成されません。

関連項目

[フォントコレクション]

フォントパスの詳細設定

[サーバフォントパス] リストの変更

フォントコレクションの追加

フォントの操作