目次/索引/検索の表示

設定の配布 - 概要

設定をエンドユーザに配布するための、次のオプションを確認します。

コンパニオンパッケージの設定のインストール

Windows インストーラを使用して配布します。Attachmate カスタム設定ツールを使用して、カスタム設定を配布します。

機能

  • インストールにテンプレートや定義ファイルを追加するためのコンパニオンインストーラを作成します。
  • 組織の別のユーザやグループ用に、別のコンパニオンパッケージを作成します。
  • コンパニオンインストーラを構成して、製品のインストール時に自動的に実行します。
  • ショートカットをインストールして、カスタムコマンドラインを使用して Reflection X Advantage を起動します。
  • 単体モードとドメインモードで対応しています。
  • 追加のコンパニオンインストーラを作成して、新しい設定を追加し、製品のインストールとは別に配布します。

要件と制限

  • Windows システムにのみ配布します。
  • 追加のコンパニオンパッケージを配布できますが、配布済みの設定を変更することはできません。

 

Reflection X Advantage ドメインでの設定の共有

一元化されたセッション構成に対応するには、Reflection X Advantage ドメインを設定します。

機能

  • ドメイン管理者は、ユーザに対してあらかじめ構成された公開定義を提供できます。
  • ユーザは、一元化された定義の更新を自動的に使用できます。
  • ユーザは公開セッションを使用できるほか、個人の定義を構成して保存できます。
  • Windows と UNIX の両方のシステムに対応しています。
  • ドメインを設定することで、他のドメインサービス (セッションのサスペンド/再開、遅延が多い/帯域幅が狭いネットワークでのパフォーマンス向上など) を利用できます。

要件と制限

  • ドメインコントローラと必要なノードをインストールして構成する必要があります。
  • ドメインモードでのみ対応しています。X マネージャ (ドメイン接続用) はユーザのワークステーションにインストールする必要があります。

 

カスタムテンプレートのインストール

テンプレートを使用して、ユーザのワークステーションに既定の定義をインストールします。

機能

  • カスタム定義を作成して、定義ファイル (.rxd) にエクスポートします。プログラムのインストールディレクトリの templates サブフォルダにインストールした定義ファイルは、初期起動時に自動的にすべてのユーザが使用できるようになります。
  • テンプレートを構成して、自動的にインポートするか、アプリケーションの初回実行時にインストールするテンプレートをユーザに選択させることができます。
  • 単体モードとドメインモードで対応しています。
  • Windows と UNIX の両方のシステムに対応しています。
  • Windows システムでは、Attachmate カスタム設定ツールを使用してコンパニオンパッケージを作成してテンプレートを作成できます。

要件と制限

  • テンプレート設定は、初回実行時にのみインポートされます。テンプレート設定を使用して既存の設定を更新したり、ユーザのアップグレードに使用したりすることはできません。

 

コマンドラインを使用した設定のインポート

rxmgr または rxmgrdomains を使用して Reflection X Advantage を起動し、-import オプションを使用してインポートする定義ファイルを指定します。

機能

  • カスタム設定を含む定義ファイルは、共有ネットワークドライブか Web サーバから使用可能にできます。
  • 単体モード (rxmgr を使用) とドメインモード (rxmgrdomains を使用) で対応しています。
  • Windows と UNIX の両方のシステムに対応しています。
  • 定義ファイルの変更は、コマンドラインを実行するたびにインポートされます。

要件と制限

  • 管理者は、エンドユーザ用のショートカットやコマンドラインスクリプトを構成して配布する必要があります。
  • インポートオプションを使用して再起動すると、インポートした設定に対するエンドユーザの変更が上書きされます (-execOnly オプションと -import を組み合わせて使用して、ユーザが編集できないようにすることができます)。

 

Reflection Security Gateway を使用した設定の配布

Reflection Security Gateway の管理 WebStation を使用して、クライアント接続を構成および起動できます。

機能

  • 1 つのコンソールから、複数の Reflection 製品のセッションを管理します。
  • X マネージャウィンドウを表示せずに X クライアントを直接起動するセッションを構成します。
  • 必要に応じて、更新した設定をユーザに提供します。
  • プロキシを SSL/TLS で暗号化する Reflection Security Gateway セキュリティプロキシサーバ経由で接続します。セキュリティプロキシサーバによって、ネットワークでのホスト表示を制限することもできます。このため、許可されたユーザおよび LDAP グループのメンバによるホストへのアクセスを制限できます。

要件と制限

  • Reflection X 2014 とは別に販売、ライセンス供与される Reflection Security Gateway を持つ必要があります。
  • Reflection Security Gateway プロキシサーバを構成する必要があります。クライアントは Secure Shell を使用して接続する必要があります。また、Reflection PKI Services Manager をインストールして、セキュリティプロキシ証明書を検証できるように構成する必要があります。
  • 管理者とユーザのワークステーションは Windows システムである必要があります。また、これらのコンピュータに X マネージャ (単体) がインストールされている必要があります。
  • Reflection Security Gateway からセッションを起動するユーザは、X マネージャの設定を保存できません。

 

関連項目

コンパニオンインストーラパッケージの作成と編集

ドメインの設定:セッション構成の一元化

カスタムテンプレートを使用したセッションの配布