目次/索引/検索の表示

WebStation ユーザモード

Reflection Security Gateway 管理サーバのリンク一覧からセッションを起動した後に X マネージャを開くと、タイトルバーに X マネージャ - WebStation ユーザモードと表示されます。

  • このモードで X マネージャセッションを起動すると、管理者が作成する X クライアントやラウンチグループにアクセスできます。
  • 管理者のセッション構成方法によって、クライアントが自動的に起動したり、必要に応じてユーザが起動したりする場合があります。X マネージャがタスクバーの通知領域で実行されている場合 (既定)、クライアントを手動で起動するには、[X マネージャの表示] タスクバーオプションを選択する必要があります。
  • X マネージャを使用してクライアントを追加することはできますが、そのクライアントはセッションの一部としては保存できず、次回にセッションをリンク一覧から起動しても使用できません。ただし、後で使用するためにクライアントをエクスポートすることはできます。