目次/索引/検索の表示

デスクトップ接続の構成

以下の手順では、ホストデスクトップを表示する 2 つの方法を説明します。最初の手順では、XDMCP 接続を作成します。2 つ目の手順では、KDE、CDE、GNOME などのデスクトップ環境を起動するための X クライアント定義を作成します。

注意:FIPS モードで実行中の場合、XDMCP は使用できません。

XDMCP を使用してデスクトップセッションを構成するには

  1. [XDMCP 接続] の横のプラス記号 (プラス記号) をクリックします。
  2. [名前] に、この接続のわかりやすい名前を入力します。
  3. [種類] から、以下のいずれかを選択します。

    [直接]

    (既定) [ホスト名] を使用して、XDMCP に対応するホストの名前または IP アドレスを指定します。ホスト名を入力しない場合は、接続時にホスト名の入力を求められます。

    [XDMCP ブロードキャスト]

    [ブロードキャストアドレス] の入力に基づいて、使用可能なホストのリストが表示されます。複数のサブネットがある場合、XDMCP ブロードキャストがそのすべてに到達できるようにするために、複数の IP アドレスをカンマで区切って指定することができます。

    [XDMCP 間接]

    最初の 1 つのホストだけに要求が送られます。[ホスト名] を使用して、ホストの名前または IP アドレスを指定します。このホストの構成に応じて、ホストは、別のホストを選択できるダイアログボックスを表示したり、別のホストに要求を自動的に渡したり、ホスト自身で XDM 要求を処理したりします。

  4. [既定セッション] に、[クライアントを X 端末風のデスクトップに表示する] が構成されたセッションを指定します。「X 端末風のデスクトップ」というサンプルセッションでは、この構成が使用されます。

注意: VPN 経由で接続しており、セッション接続での XDMCP の使用に問題が発生している場合は、分散セッションを使用して問題を解決できる可能性があります。この構成を使用すると、XDMCP 要求を作成するクライアントコネクタが X アプリケーションホストで実行され、要求を VPN ルータ経由で渡す必要がありません。(通常、VPN ルータでは XDMCP 接続要求がブロックされます。)X マネージャを使用している場合は、「単体モードでの分散セッションの構成方法」を参照してください。X マネージャ (ドメイン接続用)を使用している場合は、「ドメインの設定: 低速ネットワークでのパフォーマンス向上」を参照してください。

デスクトップ環境を起動する X クライアントコマンドを構成するには

  1. [X クライアント] の横のプラス記号 (プラス記号) をクリックして、新しいクライアント定義を作成します。
  2. [名前] に、このクライアント定義のわかりやすい名前を入力します。
  3. [ホスト名] に、ホストの名前またはIPアドレスを指定します。
  4. (オプション) [接続方法] を変更し、[ユーザ名] を指定します。
  5. ドロップダウンリストから [ホストの種類] を選択します。
  6. [コマンド] の下矢印をクリックして、デスクトップ環境を表示するコマンドを選択します。

    注意:異なるホストの種類が、異なるデスクトップ環境に対応します。リストのサンプルコマンドは、選択したホストの種類によって変更されます。例えば、VMS ホストの場合は、セッションマネージャによって DecWindows デスクトップ環境が起動されます。Solaris ホストの場合は、X セッションによって共通デスクトップ (CDE) 環境が起動されます。Linux ホストの場合は、startkde によって K デスクトップ環境 (KDE) が起動され、gnome セッションによって GNOME デスクトップ環境が起動されます。ホストで実際に対応されるコマンドは、ホストの構成によって異なります。すべてのホストにデスクトップ環境がインストールされているわけではありません。

  7. [既定セッション] に、[クライアントを X 端末風のデスクトップに表示する] が構成されたセッションを指定します。「X 端末風のデスクトップ」というサンプルセッションでは、この構成が使用されます。
  8. [常に新しいインスタンス上で起動] をオンにします。これにより、このクライアントの起動時に、必ず、新しい X 端末風のデスクトップウィンドウが開くようになります。

関連項目

サンプル定義による XDMCP 接続の確立

クライアントの起動

接続に関する問題