目次/索引/検索の表示

カラースキームの選択

既定では、Reflection X Advantage には、セッションの定義が新規作成されるたびに自動的に参照されるカラースキームが 1 つだけ含まれています。この既定のスキームは多数のクライアントアプリケーションに対応しています。ただし、特定の色名に対するクライアントアプリケーションの要求を満たすため、またはアプリケーションの外観と操作性を変更するためにほかのカラースキームを作成している場合は、使用するスキームをセッションの定義の作成時に選択する必要があります。

注意: すべてのクライアントが名前で色を要求するわけではありません。多くのクライアントが、色名の指定ではなく、RGB 値やその他の方法で色を要求します。カラースキームの変更に応じて、X サーバが表示する色が変更されるのは、クライアントが名前で色を要求した場合だけです。

X マネージャまたは管理コンソールで、別のカラースキームを選択するには

  1. (管理コンソールのみ) [ドメインの定義] タブをクリックします。
  2. 左画面で、セッションを選択します。
  3. [表示] タブをクリックします。
  4. [カラースキーム] リストで、接続先のクライアントアプリケーションとの互換性があるスキームを選択します。

    注意:[カラースキーム] リストには、既定のカラースキーム、作成またはインポートしたすべてのスキーム、および管理者によって作成されたすべての公開スキームが表示されます。

関連項目

色の操作

カラースキームのインポート

カラースキームのカスタマイズ