目次/索引/検索の表示

フォントの操作

X クライアントがフォントを要求すると、Reflection X サーバは、クライアントが提供したフォント名を受信し、次に [サーバフォントパス] リスト内のフォントコレクションの中でそのフォント名を探します。フォントコレクションは、リスト内で指定されている順番で検索されます。

Reflection X Advantage は、X クライアントアプリケーションに対応するために一般的に必要となる既定のフォントコレクションを提供します。追加のフォントを提供したり、検索性能を高めたり、フォントの問題を解決したりするために、以下の操作を実行できます。

  • フォントコレクションの追加
    存在しないフォントによるディスプレイの問題を解決するために、既定のフォントコレクションに含まれないフォントを提供します。
  • [サーバフォントパス] リストの変更
    特定の X セッションの定義によって使用されるフォントコレクションを [サーバフォントパス] リストに追加するか、リスト内のフォントコレクションの順番を変更して検索性能を高めます(使用頻度の高いフォントコレクションの場合は、そのフォントコレクションをリストの上方へ移動して性能を高めることができます)。
  • フォント要求の記録
    フォント関連のエラーを解決します。フォント要求を記録し、エラーを発生させた手順を繰り返し実行して、ログファイルを調べます。

関連項目

既定のフォントコレクション