目次/索引/検索の表示

単体モードでの分散セッションの構成方法

ネットワーク構成が原因で遅延が発生し、リモート X クライアントアプリケーションの実行が困難になった場合は、リモートセッションサービスを使用してパフォーマンスを上げることができます。この構成であれば、VPN 経由で接続している場合に XDMCP を使用して問題を解決することもできます。

はじめる前に

  • X マネージャをユーザのワークステーションにインストールします。この機能は既定でインストールされます。
  • X クライアントホスト (またはこのホストに高速接続している UNIX システム) にルートとしてログオンし、Reflection X Advantage をインストールしますリモートセッションサービス機能をインストールします。

セッションを構成して開始するには

  1. ユーザのワークステーションで X マネージャを起動します。
  2. [セッションの定義] で新しいセッションを作成します (または既存のセッションを選択します)。[全般] タブの [リモートセッションサービス] の下で、以下の操作を実行します。
    • [遅延の多いネットワークのパフォーマンス] を選択します。
    • [ホスト名] に、リモートセッションサービスをインストールしたコンピュータの名前を指定します。
    • (オプション) [ユーザ名][パスワード] に、このコンピュータで有効な資格情報を指定します。注意:パスワードはプレーンテキスト形式でデータベースに保存されます。
  3. [X クライアント] または [XDMCP 接続] の下で、新しい定義を作成し (または既存の定義を選択し)、必要な接続情報を入力します。[既定セッション] のドロップダウンリストを使用して、構成したリモートセッションサービスセッションを選択します。
  4. X クライアントまたは XDMCP 接続を起動します。

    セッション定義の [リモートセッションサービス] でパスワードを指定しなかった場合は、2 つのプロンプトが表示されます。最初のプロンプトでは、リモートセッションサービスホストに対する認証を行います。必要な場合は、この後に、X クライアントホストに対する認証のための 2 つ目のプロンプトが表示されます。パスワードを保存したくない場合、リモートセッションサービスを X クライアントと同じホストで実行しているときは、次の手順で示すようにシングルサインオンを構成すると、2 つ目のプロンプトが表示されなくなります。

    [X サーバ] の下の、実行中のセッションに関する [セッションの状況] ディスプレイに、使用するワークステーションコンピュータのエントリが表示されます。ネットワーク接続で遅延が多く発生している場合は、ヘッドレス X サーバの追加エントリが表示されます。ヘッドレス X サーバはリモートセッションノードに配置されます。

次の手順では、「リモートセッションサービス」というクライアント接続方法を使用します。この種類の接続では、パスワードを保存する必要がなく、シングルログオンプロンプトで認証を行います。

リモートセッションサービスを使用してセッションのシングルサインオンを構成するには

  1. [X クライアント] で、リモートセッションサービスセッションを使用するクライアントを選択します。
  2. [接続方法] を [リモートセッションサービス] に設定します。

関連項目

[リモートセッションサービス] - X マネージャ

X マネージャ (単体) の分散セッション

接続に関する問題