目次/索引/検索の表示

コマンドラインからのインストール

Attachmate 設定プログラムのコマンドラインを使用して、配布イメージや管理者用インストールイメージから Reflection X Advantage をインストールできます。また、バッチファイルにコマンドラインオプションを含めてインストールパラメータを事前設定し、Reflection X Advantage のインストール中のユーザの対話を制限することもできます。無人インストールを行うため、インストールのダイアログボックスが表示されないようにすることもできます。

また、コマンドラインオプションを使用して、Reflection X Advantage をユーザごとにインストールするよう準備することもできます。通常、MSI のコマンドラインオプションはすべて Attachmate 設定プログラムのコマンドラインから使用できます。

コマンドラインからインストールするには

  • コマンドプロンプト、または [スタート] - [ファイル名を指定して実行] コマンドで setup.exe ファイルのあるディレクトリに移動して、以下のいずれかを実行します。
    • 管理者用インストールイメージを作成するには、次のように入力します。

      setup.exe /install /admin TARGETDIR=path

      path は、サーバ上の管理者用インストールイメージのパスです。

      または

    • 一般的な設定でワークステーションをインストールするには、次のように入力します。

      setup.exe /install INSTALLDIR=path

      path には、インストールディレクトリのパスが入ります (INSTALLDIR=path はオプション)。

 

 

注意:インストールをカスタマイズするためのコマンドラインオプションの一覧を表示するには、setup.exe ファイルのあるディレクトリに移動し、以下のように入力します。

setup.exe /? 

MSI を使用して直接インストールするには

コマンドプロンプトまたは、[スタート] - [ファイル名を指定して実行] コマンドで、msi ファイルのあるディレクトリに移動して、以下のように入力します。
msiexec.exe /i installation_file_name.msi

コマンドラインインストールでの前提条件の処理

setup.exe を使用してインストールすると、選択した機能に必要な前提条件が設定プログラムによってチェックされ、自動的にインストールされます。

msiexec.exe を使用してインストールすると、前提条件は自動的にインストールされません。ユーザのワークステーションに前提条件がない場合は、別途インストールする必要があります。Reflection X Advantage の前提条件のインストーラは、配布メディアの Prerequisites フォルダか、管理者用インストールにあります。インストールが必要な前提条件は、インストールしているプログラムや機能によって異なります。

  • Reflection ワークスペースのすべての機能には、Microsoft .NET Framework 4 が必要です。msiexec.exe を使用してインストールしようとしており、この前提条件が見つからない場合は、メッセージが表示されてインストーラが停止します。.NET framework をインストールするには、Prerequisites\DotNet40 で実行可能ファイルを実行します。
  • Visual Basic for Applications 機能には、Microsoft VBA 6.5 が必要です。Prerequisites\VB65 フォルダにある、主要な言語固有の *.msi パッケージを使用します。
  • Reflection X Advantage のすべての機能には、Java Runtime Environment (JRE) が必要です。JRE をインストールするには、Prerequisites\JDK フォルダの AttachmateJava.msi を使用します。この前提条件をインストールせずに msiexec.exe を使用してインストールすると、インストールは実行されますが、代わりの JRE を構成しておかないと、Reflection X Advantage アプリケーションを実行できません。

コマンドラインインストールでのアップグレードの処理

前のバージョンの Reflection をアップグレードする場合、最新バージョンをインストールするには、前のバージョンをアンインストールする必要があります。

setup.exe を使用してインストールする場合、設定プログラムによって前のバージョンの Reflection がチェックされ、見つかると自動的にアンインストールされます。

msiexec.exe を使用してインストールする場合は、まず前のバージョンを手動でアンインストールする必要があります。.msi ファイルを直接配布してこれらの製品をアップグレードする場合、前のバージョンを削除していないと、最初に古いソフトウェアをアンインストールするようにというメッセージが表示されます。