[トレースセッション] ダイアログボックス

開き方

トレースにより、Attachmate サポートが問題を分析し、解決する上で役立つファイルが作成されます。Attachmate サポートでは、トレースファイルを受け取った後、トレースを再生して問題を再現することができます。

注意:クライアントの起動時にこのダイアログボックスが表示される場合は、そのセッションに関してトレースが有効になっています。接続をトレースしない場合は、キャンセルボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます。次に、クライアントが使用している既定のセッション定義を選択し、[詳細設定] タブをクリックして、[トレースセッション] チェックボックスをオフにします。

次のオプションがあります。

[ファイル名]

出力ファイル名とトレースファイルの場所を指定します。

ローカルマシンで実行するようにセッションが構成されている場合、トレースファイルはローカルシステムに保存されます。この場合は、完全なパス情報が表示されます。トレースを表示される既定の場所に保存したり、別の場所を参照して選択したりすることができます。

リモートノードで実行するようにセッションが構成されている (セッションの定義の [全般] タブで [リモートセッションサービス][なし] 以外に設定されている) 場合、トレースファイルはリモートシステムに保存されます。この場合は、ファイル名だけが表示されます パス情報が表示されない場合、トレースファイルは、Reflection X Advantage プログラムの場所 (通常、Windows では C:\Program Files\Attachmate\Reflection、UNIX では /opt/rxadvantage) に保存されます。この場所に関連するパス情報を追加するか、完全パス情報を指定できます。いずれの場合も、指定したパスが有効であり、リモートシステムでアクセスできる必要があります。

 

[トレースセッション]

接続を継続し、記録を開始します。セッションが停止すると、指定した場所にトレースが保存されます。

 

[キャンセル]

ダイアログボックスを閉じて、接続を停止します。トレースを作成せずに次の接続を確立するには、セッションの定義の [詳細設定] タブに戻り、[トレースセッション] チェックボックスをオフにします。

 

関連項目

トレースの作成

トラブルシューティング