[タスクの状況] 画面

X マネージャおよび管理コンソールの最下部にある [タスクの状況] 画面には、接続の状況に関するメッセージ、および長時間実行されている処理中のタスクが表示されます。一般的なメッセージには、ドメインへの接続やドメインからの切断、およびセッションの起動または停止に関する情報が含まれます。エラーメッセージも表示されます。

[タスクの状況] 画面の動作は、[ユーザ設定] ダイアログボックスでカスタマイズできます。例えば、X セッションを開始すると、[タスクの状況] 画面でタスクを識別し、タスクの進捗を示し、タスクの結果 (キャンセル、エラー、成功) を表示します。

失敗したクライアント接続に関連するタスクについては、[タスクの状況] 画面の情報アイコン (「i」) をクリックして、クライアントの情報を示す [クライアントの起動] ダイアログボックスを表示します。

Reflection X Advantage ログファイルもまた情報源として使用されます。

Reflection X のログファイルは、次のアプリケーションとサービス用に作成されます。

 

アプリケーション

ログファイル

 

 

X マネージャ

xmanager.log

 

 

X マネージャ (ドメイン接続用)

xmanager.log

 

 

X 管理コンソール

xadmin.log

 

 

rxsconfig

rxsconfig.log

 

 

rxmigrate

migration.log

 

 

サービス

ログファイル

 

 

Reflection X サービス

rxs.log

 

 

ドメインコントローラ
(Reflection X サービスのプロセス)

domain.log

 

 

ドメインノード
(Reflection X サービスのプロセス)

node.log

 

 

リモートセッションサービス
(Reflection X サービスのプロセス)

node.log

 

これらのログファイルの場所はプラットフォームによって異なります。

 

Windows

アプリケーションログファイル:%USERPROFILE%\.attachmate\rx\logs

サービスログファイル:%ALLUSERSPROFILE%\.attachmate\rx\logs

 

UNIX

アプリケーションログファイル:
~/.attachmate/rx/logs

サービスログファイル:
rxs.log (サービスランチャ)
/var/log

rxs.log (サービス自体のログファイル) 、domain.log 、node.log 、rxsconfig.log
/opt/rxadvantage/logs

 

HP-UX

アプリケーションログファイル:
~/.attachmate/rx/logs

サービスログファイル:
rxs.log (サービスランチャ)
/var/adm

rxs.log (サービス自体のログファイル) 、domain.log 、node.log 、rxsconfig.log
/opt/rxadvantage/logs

 

関連項目

接続に関する問題