[実行中のセッション] - [ドメインの状況]

開き方

実行中のすべてのセッションについて、セッション名、オーナー、実行元のコンピュータなどの詳細を表示できます。

セッションを選択すると、セッションの実行時間、クライアントコネクタの場所、セッションに参加しているすべての X サーバといった、追加の詳細を表示できます。

(ウィンドウの右側にある) [場所] の横に二重矢印ボタンが表示されている場合、セッションを実行しているノード (コンピュータ) 中心のビューにすばやく移動できます。

 

[セッション名]

このセッションが使用しているセッションの定義名。

 

[場所]

このセッションを実行しているドメイン内のコンピュータ。

 

[オーナー]

セッションを開始したユーザ。

 

[状態]

セッションの状況 - [起動中][停止中][実行中]、または [リセット中]

 

[現状での経過時間]

セッションの状況が最後に変化してからの時間。

 

[活動時間]

セッションが開始されてからの経過時間。

[許可されているユーザ]

(ドメインモードのみ) セッションへの参加が許可されているすべてのユーザが一覧表示されます。

ユーザがセッションの作成者である場合は、プラス記号 (+) をクリックすると、ほかのユーザを追加できます。許可されたユーザが、X マネージャを起動してドメインにログオンすると、[提供セッション] の下に表示されているセッションに参加することができます。

 

[セッションの制御をユーザに許可する]

ユーザがセッションの作成者である場合は、セッションの実行中にこのオプションをオンにすると、ほかのユーザが、参加しているセッションを制御できるようになります。

  • 単体モードでは、このオプションは、セッションの [接続先の URL] を使用してセッションに参加しているすべてのユーザに適用されます。
  • ドメインモードでは、このオプションはすべての許可されているユーザに適用されます。

[クライアントコネクタ]

 

クライアントコネクタは、セッションについて X クライアントから送られた接続要求を受け付け、X クライアントから受信した X プロトコル要求をそのセッションへ転送します。

 

[場所]

クライアントコネクタが実行されているコンピュータの名前。

 

[リスニング IP/ディスプレイ]

クライアントコネクタの属する X セッションのネットワークアドレスとディスプレイ番号です。複数のネットワークカードがあると、1 つのクライアントコネクタに複数のリスニング IP とディスプレイペアがある場合があります。

X クライアントはこの値のペアによって X セッションに配置されます。DISPLAY 環境変数 (または X クライアントのコマンドラインオプション -display) を <ネットワークアドレス>:<ディスプレイ番号> に設定することで配置できます。

 

[Xクライアント数]

このクライアントコネクタに接続されている X クライアントの数です。

X サーバ

このセッションに接続されている X サーバに関する詳細が表示されます。

 

[場所]

この X サーバが実行されているコンピュータ。

 

[ユーザ]

この X サーバを実行しているユーザ。

 

[圧縮]

このサーバとセッションのプロトコルルータの間で、プロトコルが圧縮されているかどうかを表示します。プロトコルが圧縮されているか、これがヘッドレスサーバである場合、この列にはデータ交換に関する追加の統計情報も表示されます。詳細については、「セッションの統計情報」を参照してください。

 

[入力の許可]

マウスおよびキーボードの入力。ユーザ入力がこの X サーバに対して使用可能である場合、ステータスは [はい] になります。入力は、一度に 1 台の X サーバでしか行えません。

 

[遅延]

このサーバを実行しているコンピュータとセッションのプロトコルルータを実行しているコンピュータ間の接続の遅延 (ミリ秒単位) を表示します。

サーバがローカルで実行されている場合、この列には N/A と表示されます。

 

[帯域幅]

このサーバを実行しているコンピュータとセッションのプロトコルルータを実行しているコンピュータ間の接続の帯域幅を表示します。

サーバがローカルで実行されている場合、この列には N/A と表示されます。

関連項目

Reflection X Advantage のセッションプロセス

動作モード: ドメインモードと単体モード

セッションの監視