[認証] タブ

開き方

Reflection X Advantage ドメインは、各ユーザを認証してからアクセスを許可します。Reflection X Advantage の内部認証を使用するか、インプレース認証とセキュリティインフラストラクチャを利用できます。Reflection X Advantage は以下の認証方法に対応しています。

  • Windows ドメイン (Windows ローカル) - Reflection X Advantage ドメインコントローラが Windows オペレーティングシステムにインストールされている場合の既定の設定
  • PAM (Pluggable Authentication Modules) - Reflection X Advantage ドメインコントローラが Windows 以外のオペレーティングシステムにインストールされている場合の既定の設定
  • LDAP (Lightweight Directory Access Protocol)
  • Reflection X Advantage内部

1 つのドメインに構成し、有効にできる認証方式は、一度に 1 つのみです。

 

[認証システム]

ドメインで使用する認証システムを指定します。対応するシステムは、使用するプラットフォームによって異なります。

Windows:Windows (既定)、Reflection X Advantage 内部、および LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) です。

UNIX:PAM (Pluggable Authentication Modules) (既定)、Reflection X Advantage 内部、および LDAP です。

 

[構成]

選択した認証システムに対応するよう Reflection X Advantage を構成します。

 

[認証のテスト]

ユーザまたは管理者アカウントをテストします。

 

[正常にログオンした後、ユーザアカウントを自動的に作成する]

認証システム内のすべてのユーザが Reflection X Advantage ドメインへのアクセスを許可されるように指定します。ユーザがドメインにログオンすると、そのユーザアカウントがドメインに追加されます。

 

[ユーザアカウント]

ドメイン内のすべてのユーザアカウントを表示します。この表には、アカウントごとに、ユーザ名、最後のログオン、アカウントの管理者権限の有無が表示されます。(また、アカウントに管理者権限を設定したり、削除したりすることができます。)

注意: 複数のドメイン管理者を構成する場合、各管理者は、オーナーが公開しているかどうかに関わらず、すべての定義を表示および編集できます。

関連項目

ドメインの認証

ユーザ認証の構成とテスト