パフォーマンスに関する問題

Reflection X Advantage のパフォーマンスに関する問題が発生する場合は、次の手順を実行します。

  • 実行中のセッションの [セッションの統計情報] を確認して、ネットワークで帯域幅の狭さや速度の遅さの問題が発生していないかどうかを判定します。リモートセッションサービスを使用して X マネージャ (単体) のパフォーマンスを上げる方法については、「単体モードでの分散セッションの構成方法」を参照してください。X マネージャ (ドメイン接続用) を実行している場合は、「ドメインの設定: 低速ネットワークでのパフォーマンス向上」を参照してください。
  • セッション定義の [表示] タブで、[バッキングストア][表示中の画像が隠れた時にセーブアンダで保存する] に設定します。これで、X クライアントからのネットワークトラフィックが減ります。
  • X 管理コンソールの [ドメインの状況] タブでセッションを監視して、問題の原因を見つけます。
  • ドメインモードで実行している場合は、負荷分散を構成して負荷分散スキームを設定し、ドメインノード間で負荷が適切に分散されていることを確認します。

関連項目

[全般] タブ

セッションの監視

負荷分散の構成

ドメインセキュリティおよび PKI 構成 - [ドメインの構成]