ログファイル

ドメインに関するメッセージ、および X マネージャや管理コンソールからのメッセージは自動的に記録されます。セッション定義の [記録の設定] タブのオプションを有効にして、ログファイルにセッション単位で追加情報 (フォント、キーボード、ネットワーク活動、X プロトコルエラーなど) を送信できます。

Reflection X のログファイルは、次のアプリケーションとサービス用に作成されます。

 

アプリケーション

ログファイル

 

 

X マネージャ

xmanager.log

 

 

X マネージャ (ドメイン接続用)

xmanager.log

 

 

X 管理コンソール

xadmin.log

 

 

rxsconfig

rxsconfig.log

 

 

rxmigrate

migration.log

 

 

サービス

ログファイル

 

 

Reflection X サービス

rxs.log

 

 

ドメインコントローラ
(Reflection X サービスのプロセス)

domain.log

 

 

ドメインノード
(Reflection X サービスのプロセス)

node.log

 

 

リモートセッションサービス
(Reflection X サービスのプロセス)

node.log

 

これらのログファイルの場所はプラットフォームによって異なります。

 

Windows

アプリケーションログファイル:%USERPROFILE%\.attachmate\rx\logs

サービスログファイル:%ALLUSERSPROFILE%\.attachmate\rx\logs

 

UNIX

アプリケーションログファイル:
~/.attachmate/rx/logs

サービスログファイル:
rxs.log (サービスランチャ)
/var/log

rxs.log (サービス自体のログファイル) 、domain.log 、node.log 、rxsconfig.log
/opt/rxadvantage/logs

 

HP-UX

アプリケーションログファイル:
~/.attachmate/rx/logs

サービスログファイル:
rxs.log (サービスランチャ)
/var/adm

rxs.log (サービス自体のログファイル) 、domain.log 、node.log 、rxsconfig.log
/opt/rxadvantage/logs