ユーザワークステーションの設定

ドメインモードでセッションを実行するには、X マネージャ (ドメイン接続用) をインストールしてドメインにログオンします。

ユーザワークステーションを設定するには

  1. 次の機能をインストールします。

    X マネージャ (ドメイン接続用)

    テンプレート

    Java Runtime Environment (JRE) (Windows のみ)

  2. X マネージャ (ドメイン接続用) を起動します

    ドメインのログオンダイアログボックスが表示されます。

  3. Reflection X Advantage ドメインにログオンします。
    • [ユーザ名][パスワード] に資格情報を入力して、Reflection X Advantage ドメインにログオンします。ドメインが既定の認証オプション (Windows システムでは Windows 認証、Windows 以外のシステムでは PAM 認証) を使用するように構成されている場合は、コンピュータにログオンするときと同じ資格情報を使用してログオンすることができます。
    • [ドメイン] に Reflection X Advantage ドメイン名を入力します。(Reflection X Advantage ドメイン名は、常にドメインコントローラを実行するコンピュータの名前と同じです。)

 

注意:このドメイン内で作成されたすべての公開セッション定義に、X マネージャ (ドメイン接続用) からアクセスできます。また、他のユーザには表示されない自分の個人用セッション定義を構成することもできます。セッション定義の情報はすべて、ドメインデータベース内のドメインコントローラに保存されます。

関連項目

ドメインの管理

ドメインコンポーネントの設定

X マネージャおよび X マネージャ (ドメイン接続用)