ドメインの設定:低速ネットワークでのパフォーマンス向上

このサンプル構成では、ネットワーク構成が原因でリモート X クライアントアプリケーションの実行が困難になった場合にパフォーマンスを改善するための Reflection X Advantage ドメインの構成方法について示しています。

注意:この構成では、Reflection X Advantage ドメインコンポーネントを使用して X マネージャ (ドメイン接続用) から接続するためのリモートセッションサービスを提供します。また、単体の X マネージャから接続できるようにリモートセッションサービスを構成することもできます。詳細については、「単体モードでの分散セッションの構成方法」を参照してください。

この構成では、セッションに 2 台の X サーバが参加して実行されています。X サーバディスプレイはユーザワークステーション (1) で実行されます。このサーバは、X クライアントアプリケーションの仮想ディスプレイを作成します。追加のヘッドレス X サーバ (3) が、X クライアントアプリケーション上またはその近くのドメインノードで実行されます。セッションが確立されると、X プロトコルはすべて X クライアントアプリケーション (4) とヘッドレスサーバの間で渡されます。ディスプレイの更新に必要なプロトコルのみがワークステーションに送信されます。多くの X プロトコルクエリはワークステーションに送信する必要がないため、この構成ではネットワーク上で渡す必要のあるトラフィック量が減り、パフォーマンスが向上します。また、Reflection X Advantage は自動的に帯域幅が狭い状態を検出し、ユーザワークステーション (1) とドメインノード (3) の間でやり取りされるプロトコルを圧縮します。

ワークステーション (1)、X サーバ (3)、および X クライアント (4) の間のデータフロー

 

この構成のコンポーネントは以下のとおりです。

コンピュータ

説明

ユーザワークステーション (1)

X マネージャ (ドメイン接続用) を実行します。X サーバディスプレイはこのコンピュータに作成されます。

ドメインコントローラ (2)

Reflection X Advantage ドメインコントローラを実行します。(この例では、このコンピュータで管理コンソールも実行します。)

ドメインノード (3)

ヘッドレス X サーバを実行します。

注意:上の図のように、X クライアントホストやその近くのコンピュータでドメインノードを実行することができます。

X クライアントホスト (4)

X クライアントアプリケーションを実行するコンピュータです。

 

ドメインコンポーネントを設定するには

  1. ドメインコントローラで次の機能をインストールします。

    X 管理コンソール

    ドメインサービス (ドメインコントローラ機能を含む)

    X マネージャ (ドメイン接続用)

    テンプレート

    Java Runtime Environment (JRE) (Windows のみ)

  2. ドメインノードで、(ドメインコントローラ機能を含まない) ドメインサービスという機能をインストールします。Windows で実行している場合は、[Java Runtime Environment (JRE)] が選択されていることも確認します。rxsconfig ユーティリティを使用して、このノードをドメインに追加します。詳細については、「ドメインノードの設定」を参照してください。
  3. ユーザワークステーションで、次の機能をインストールします。

    X マネージャ (ドメイン接続用)

    テンプレート

    Java Runtime Environment (JRE) (Windows のみ)

セッションを構成して開始するには

  1. ドメインコントローラでX マネージャ (ドメイン接続用)を起動してログオンします

    この最初のログオンにより、ドメインの管理者アカウントが作成され (システムの既定の認証方式を使用)、選択した設定がインポートされます。

  2. リモートセッションサービスに対応するセッション定義を作成します。これを行うには、[全般] タブの [リモートセッションサービス] で、[遅延の多いネットワークのパフォーマンス] などの任意のサービスレベルを選択します。
  3. X クライアントまたは XDMCP 接続を構成し、[セッション] を手順 2 で作成したセッションに設定します。
  4. X クライアントまたは XDMCP 接続を起動します。
  5. [セッションの定義] リストから実行中のセッションを選択して [セッションの状況] 画面を表示します。[X サーバ] の下に、使用するワークステーションコンピュータのエントリが表示されます。ネットワーク接続で遅延が多く発生している場合は、ドメインノードで実行中の 2 つ目のヘッドレス X サーバも表示されます。

このアイデアでさらに多くのことを実行

この基本構成で実行すると、さらに多くの機能を実現できます。例:

  • 公開セッションを構成することで、エンドユーザが簡単に接続できるようにします。
  • ドメインノードを追加することで、スケーラビリティを向上させます。

関連項目

単体の X マネージャのリモートセッションサービス

ドメインコンポーネントの設定

ドメインの認証

[リモートセッションサービス] - X マネージャ (ドメイン接続用)

インストールと移行