圧縮の構成

圧縮を有効にすると、ネットワーク接続の帯域幅が狭い場合のパフォーマンスが向上します。

リモートセッションサービスが有効な場合、セッションコンポーネントはリモートコンピュータに設定されます。以下の図のように、X クライアントホストやその近くのコンピュータでこの設定を行うことができます。この構成の場合、ドメインノードとワークステーション間で渡されるプロトコルが圧縮されます。(クライアントとドメインノード間で渡されるプロトコルは圧縮されません。)

X サーバディスプレイ

1 - X マネージャまたは X マネージャ (ドメイン接続用) を実行するワークステーション
2 - リモートセッションコンポーネントを実行する X クライアントホストの近くのドメインノード
3 - X クライアントホスト

はじめる前に

次の方法で、リモートセッションサービスへの対応を構成します。

圧縮を有効にするには

  1. X マネージャ または X マネージャ (ドメイン接続用) を起動します。
  2. この接続に使用するセッション定義を選択します。[全般] タブの [リモートセッションサービス] の下から、[なし] 以外の任意のオプションを選択します。
  3. [詳細設定] タブをクリックします。[リモート X サーバ通信時にプロトコルを圧縮する] で、以下のいずれかの設定を選択します。

    [動的]

    (既定) Reflection X Advantage は、プロトコルルータから各リモートXサーバへ送信されるデータの帯域幅を測定し、帯域幅がパフォーマンスに影響するほど狭い場合は、自動的にプロトコルを圧縮します。

    [常時]

    このオプションを選択すると、CPU とメモリのリソースよりも、帯域幅の制限が厳しい場合のパフォーマンスが向上する可能性があります。

    [なし]

    このオプションを選択すると、帯域幅よりも CPU やメモリの制限が厳しい場合のパフォーマンスが向上する可能性があります。

関連項目

単体の X マネージャのリモートセッションサービス