管理 WebStation モード

Reflection Security Gateway 管理 WebStation から Reflection X Advantage を起動すると、タイトルバーに X マネージャ - 管理 WebStation モードと表示されます。このモードで、追加のセキュリティ設定を行います。これらの設定は [プロキシ] タブで構成できます。このタブは、このモードでしか使用できません。

X マネージャをこのモードで起動した場合、次のような操作上の制限があります。

  • 1 つのセッションしか使用できません。このセッションの設定を変更できますが、別のセッションを追加することはできません。
  • 既定の X クライアント定義は 1 つしか使用できません。このクライアントを編集して追加クライアントを作成できます。ラウンチグループを作成、編集することもできます。
  • XDMCP 接続には対応していません。
  • クライアントが使用できる接続方法は SSH だけです。
  • セッション、クライアント、ラウンチグループの定義の変更は、X マネージャを終了するまでは保存されません。
  • X マネージャを閉じると、設定を保存するよう求められます。[ファイル] - [終了] コマンドをクリックし、[設定の保存] ダイアログボックスの [保存/終了] をクリックします。この結果、Reflection Security Gateway 管理サーバの設定が保存されます。セッションを作成した直後の場合は、管理 WebStation で、セッションをマッピングしてユーザが使用できるようにするよう求められます。
  • FIPS モードは変更できません (FIPS の設定は、管理 WebStation でセッションマネージャを使用して構成されます)。