Windows での PKI Services Manager サービスの起動と停止

注意:Windows を再起動すると、PKI Services Manager サービスが自動的に起動します。

サービスを起動するには

  • PKI Services Manager のコンソールで、[Server] (サーバ) - [Start] (起動) をクリックします。

または

  • DOS コマンドウィンドウから、次のコマンドを入力します。

    winpki start

または

  • Windows サービスコンソールを開き ([コントロールパネル] - [管理ツール] - [サービス])、Attachmate Reflection PKI Services Manager を選択して [開始] コマンドをクリックします。

サービスを停止するには

  • PKI Services Manager のコンソールで、[Server] (サーバ) - [Stop] (停止) をクリックします。

または

  • DOS コマンドウィンドウから、次のコマンドを入力します。

    winpki stop

または

  • Windows サービスコンソールを開き ([コントロールパネル] - [管理ツール] - [サービス])、Attachmate Reflection PKI Services Manager を選択して [停止] コマンドをクリックします。

サービスの状況を確認するには

  • PKI Services Manager コンソールを起動して、コンソールウィンドウの一番下にある状況の行で状況に関する情報を探します。

または

  • DOS コマンドウィンドウから、次のコマンドを入力します。

winpki ping

または

  • Windows サービスコンソールを開き ([コントロールパネル] - [管理ツール] - [サービス])、Attachmate Reflection PKI Services Manager の状況を表示します。

関連項目

Reflection X Advantage での PKI Services Manager の使用