色の操作

画面上に見える色は、赤、緑、青の 3 原色 (RGB) の各種混合により造り出されます。色は、色の名前と、各色の表示に必要な赤、緑、青の濃度を一覧にして示すカラースキームによって定義します。これらのカラースキームは、X クライアントアプリケーションによって要求された色の名前を RGB 値に変換するために使用されます。

注意: すべてのクライアントが名前で色を要求するわけではありません。多くのクライアントが、色名の指定ではなく、RGB 値やその他の方法で色を要求します。カラースキームの変更に応じて、X サーバが表示する色が変更されるのは、クライアントが名前で色を要求した場合だけです。

大多数のクライアントアプリケーションでは、Reflection X Advantage によって提供される既定のカラースキームを利用できます。ただし、クライアントアプリケーションから、既定のカラースキームで定義されていない特定の色の名前が要求された場合は、ユーザ独自のカラースキームを定義する必要があります。また、独自のカラースキームを指定して、アプリケーションの外観と操作性を制御することもできます。Reflection X Advantage では以下の操作を実行できます。

  • カラースキームの選択
    別のカラースキームをセッションの定義に割り当てたり、特定のカラースキームに対するクライアントアプリケーションからの要求に応えたり、アプリケーションの外観と操作性を制御したりします。
  • カラースキームのインポート
    ネイティブシステムまたは以前のバージョンの Reflection X Advantage で実行されている X クライアントアプリケーションによって要求された色に Reflection X Advantage 内で対応します。
  • カラースキームのカスタマイズ
    クライアントアプリケーションによって要求された内容に合わせて、色の値または色名の文字列を変更、追加、または削除します。

関連項目

X ウィンドウシステムの色の対応

[カラースキーム] ダイアログボックス (X マネージャ)

[カラースキーム] (管理コンソール)