[LDAP の構成] ダイアログボックス

開き方

[LDAP の構成] ダイアログボックスを使用して、Reflection X Advantage ドメインを LDAP 認証に対応するように設定します。オプションは次のとおりです。

[LDAP ホスト]

LDAP サーバを実行しているホスト。

[LDAP ポート]

LDAP サービスがリッスンしているポート。

 

[匿名 SSL を使用する]

LDAP サーバとの暗号化通信を可能にします。匿名 SSL オプションは、標準の SSL 暗号に対応していますが、LDAP サーバの証明書の正当性を確認するものではありません。

[検索場所]

ユーザ情報があるディレクトリツリー内の場所。LDAP は、ディレクトリのこの場所から検索を開始します。

 

[識別名スキーマ]

識別名スキーマ (通常、「distinguishedName」)。LDAP の各エントリは、ディレクトリ内にあるエントリを他と区別する独自の識別名で参照されます。通常、これはいくつかの相対識別名 (RDN) をカンマで区切ったもので構成されています。

 

[ユーザ ID 属性]

固有のユーザ ID 属性 (通常、LDAP ユーザはこれがユーザ IDになります。Microsoft Active Directory ユーザは、これが「sAMAccountName」になります)。

 

[認証検索を行う]

検索権限のあるユーザに対して、資格情報を入力できるようにします。ディレクトリサービスが匿名の検索を許可しない場合にこれを使用します。

 

[ユーザ識別名]

ディレクトリサービスを検索する権限を持っているユーザの識別名。

 

[パスワード]

[ユーザ識別名] に入力した識別名のパスワード。