rxmgr コマンドライン - 単体の X マネージャ

コマンドラインで以下の構文を使用して、X マネージャ を実行し、クライアントとセッションを起動することができます。

rxmgr [-client client_name] [-xdmcp xdmcp_definition | [direct|indirect|broadcast,[host_address],[timeout],[onLastClient]]
[-launchGroup launchGroup_Name] [-session session_name]
[-minimize] [-trayOnly] [-noUI] [-execOnly] [-import filename_or_URL]
[-noStart] [-noMigrate] [-?]

次の例では、xterm クライアントと関連セッションを起動します。この例では、X マネージャ は最小限実行されます。

rxmgr -client xterm -minimize

 

次の例では、複数のクライアント (およびこれらのクライアントに関連するセッション) を起動する 2 つの方法を示します。コマンドラインにすべてのクライアントを含めるか、保存したラウンチグループ定義を使用できます。この例ではクライアント名とラウンチグループ定義名にスペースが含まれるため、引用符を付ける必要があります。

rxmgr -client "Client 1" -client "Client 2" -client "Client 3"
または
rxmgr -launchGroup "Work Group"

 

次の例では、既存の定義の使用や X マネージャ (ドメイン接続用) ウィンドウの表示なしで、「Myhost」との XDMCP 接続が開始されます。ユーザが XDMCP セッションからログアウトすると、セッションが停止して X マネージャが終了します。

rxmgr -xdmcp direct,Myhost,,Exit -noUI

 

次の例では、X マネージャ を機能制限付きで起動します。ユーザは既存の定義を起動できますが、定義の追加や変更はできません。

rxmgr -execOnly

 

オプション

このコマンドラインオプションはすべてオプションです。オプションでは、大文字と小文字が区別されます。スペースが含まれるパスや定義名には、引用符を使用します。

オプション

説明

-client client_name

 

開始するクライアントの定義を指定します。複数のクライアントを起動するには、複数の client パラメータを使用します (またはラウンチグループを構成します)。

-xdmcp xdmcp_definition

既存の定義名を使用した XDMCP 接続を開始します。

      または

      または

-xdmcp direct|indirect|broadcast,[host_address],[timeout],[onLastClient]

コマンドラインで、XDMCP 接続情報を直接指定します。DNS 名か IP アドレスを使用して、ホスト名を指定します。ホストアドレスを省略すると、入力を求められます。待ち時間を秒単位で指定します。既定値は 15 です。onLastClient の有効な値は Nothing (または N)、Reset (または R)、Stop (または S)、Exit (または E) です。既定値は Reset です。

このオプションでカンマの後にスペースを使用したり、指定する必要のないオプションのプレースホルダとしてカンマを含めたりしないでください。次に例を示します。

-xdmcp direct,myhost,,E

-launchGroup group_name 

指定したラウンチグループ定義のすべての X クライアントや XDMCP 接続が起動されます。

-session session_name

起動するセッション定義を指定します。複数のセッションを開始するには、複数の session パラメータを使用します。  

-minimize

最小化された状態で起動します。このオプションは、オペレーティングシステムで対応していない場合は無視されます。このオプションは、trayOnly が指定されている場合も無視されます。

 

-trayOnly

X マネージャのウィンドウを開かずにトレイアイコンで起動します。注意:このオプションでセッションを起動した場合、トレイアイコンか [スタート] メニューを使用して X マネージャのウィンドウを開くことができます。

 

-noUI

ユーザが X マネージャのウィンドウを開くことを許可せずに、トレイ領域のアイコンで起動します。このオプションを使用すると、トレイアイコンで [X マネージャを開く] オプションが無効となります。[終了]、[ヘルプ]、および [トピック] オプションは使用できます。注意:このオプションでセッションを起動した場合、セッションを閉じてトレイアイコンの [終了] オプションで X マネージャを停止しないと、[スタート] メニューから X マネージャのウィンドウを開くことはできません。

 

-execOnly

 

ユーザインタフェースを定義の一覧 (X クライアント、XDMCP 接続、ラウンチグループ、セッション) に、基本制御を開始、停止、退去、参加に制限して起動されます。新しい定義の作成、定義の削除、定義に関連する他の機能 (キー割り当てやカラーマップなど) へのアクセスが可能な項目は使用できません。

-import filename_or_URL

X マネージャは、ユーザインタフェースを起動する前に、指定した Reflection X Advantage の定義ファイルをインポートします。ファイルパスか URL (http://localhost/settings.rxd など) を指定できます。ファイルやパスにスペースが含まれる場合は、引用符が必要です。

 

-noStart

ユーザインタフェースが起動する代わりに、X マネージャが終了します。X マネージャを起動せずに設定をインポートする場合は、noStartimport と組み合わせて使用します。noStart が指定されていると、他のコマンドラインオプションは、import を除いてすべて無視されます。

-noMigrate

初期起動動作に次のように影響します。

最初の実行時に、テンプレート generic_templates.rxdサンプル定義の自動インポートと、自動インポート用に構成されている追加テンプレートを無効にします。

旧来の Reflection X および Exceed からの設定の移行を無効にします。

[移行された設定とテンプレートをインポートする] ダイアログボックスが表示されないようにします。

-? または -help

コマンドラインオプションの要約を表示します。

 

 

関連項目

単体モードでの起動

rxmgrdomains コマンドライン - X マネージャ (ドメイン接続用)