管理者用インストールポイントの作成

配布の環境を準備するには、管理者用インストールポイントを作成します。これは、Reflection X Advantage のインストールに必要なすべてのファイルと、カスタマイズ用の管理ツールがインストールされるインストールオプションです。このインストールは、単にパッケージファイルをネットワーク上の場所にコピーする方法とは、次の点で異なります。

  • 元のパッケージで圧縮されるファイルは、管理者用インストールポイントで展開されます。
  • サービスパックがリリースされると、管理者用インストールに直接パッチを適用して更新できます。

    注意:Reflection X Advantage をインストールする前に、管理者用ワークステーションに管理者用インストールポイントを作成することをお勧めします。管理者用インストールポイントを作成しておけば、管理者用インストールポイントから setup.exe を実行して Reflection X Advantage をインストールできます。管理者用インストールの作成前に Reflection X Advantage をインストールすると、以下のコマンドラインオプションを使用して管理者用インストールイメージを作成する必要があります。

管理者用インストールポイントを作成するには

  1. ネットワークファイルサーバ上にネットワーク共有を作成します。
  2. ダウンロードリンクをクリックして、ダウンロードプログラムを実行します。
  3. インストーラファイルの場所を選択して、[次へ] をクリックします。

    これにより、ファイルが指定の場所に解凍され、Attachmate インストールプログラムが起動します (ファイルをダウンロード済みの場合は、setup.exe ファイルをクリックしてインストールプログラムを開始します)。

  4. [続行] をクリックしてライセンスに同意します。
  5. [詳細設定] タブで、[管理者用インストールイメージをサーバに作成する] をクリックします。

    [詳細設定] タブと [ファイルの場所] タブで選択した内容のみが、この手順に適用されます。その他のタブでの選択内容は無視されます。管理者用インストールには必ず、パッケージで使用されるすべてのファイルが含まれます。

  6. [続行] をクリックします。
  7. 管理者用インストールイメージに使用するネットワーク共有へ移動します。ネットワーク共有にインストールするには、ネットワーク共有のパスを UNC パスとして指定します (例:\\share_name\administrative_install_point)。

    管理者用インストールイメージは、通常ファイルサーバ上のフォルダに作られます。ただし、管理者用インストールイメージは、ローカルハードディスクのどのフォルダ内にでも作成できます。これはテストの目的でインストールを扱うのに便利です。

  8. [インストール] をクリックします。

コマンドラインから管理者用インストールを作成するには

  1. 管理者として実行して、コマンドウィンドウを開きます。
  2. インストールを開始するには、次のコマンド構文を使用します。

<path_to_setup>\setup.exe /install /admin TARGETDIR=<UNC_path_to_administrative_installation_point>