インストールへのトランスフォームの適用

Reflection X Advantage のインストール方法をカスタマイズするためにトランスフォームを作成した場合は、主要インストールとともにトランスフォームを配布する必要があります (これは、主要インストールに連結したり個別にインストールしたりすることができるコンパニオンインストールパッケージとは対照的です)。setup.exe やコマンドラインインストールで開始されるインストールには、トランスフォームが含まれます。

setup.exe で始まる対話型インストールにトランスフォームを追加するには

  1. Attachmate カスタム設定ツールを起動して、[以下の製品のセットアップカスタム設定ファイルを新規作成する] をオンにします。
  2. [ユーザインタフェース] パネルに移動します。
  3. [このカスタム設定を、setup.exe を使用した対話型インストールに使用する] をオンにします。

    このオプションを選択してトランスフォームを保存すると、Attachmate カスタム設定ツールは、Reflection X Advantage インストールにトランスフォームを適用するために、[Setup] セクションに次の行を追加して、setup.ini ファイルを自動的に更新します。

    CustomTransform=<your_transform.mst>

    setup.ini をこのように変更すると、setup.exe を使用するインストール (対話型ユーザインタフェースまたはコマンドラインで setup.exe を使用) が、このトランスフォームに自動的に適用されます。

  4. トランスフォームを既定の場所 (setup.exe が含まれるフォルダ) に保存します。

    これで、トランスフォームが setup.exe ファイル経由でエンドユーザに配布できるようになりました。(ユーザは setup.exe を直接実行できます。または、setup.exe ファイルをスクリプトから呼び出したり、コマンドラインから開始したりすることができます。)

注意:(前の手順の手順 3 のように) setup.ini ファイルでインストールするトランスフォームファイルがすでに指定されている場合は、コマンドラインでトランスフォームを指定しないでください。

setup.exe のコマンドラインインストールにトランスフォームを追加するには

  1. コマンドラインで、次の構文を使用します。

    <path_to_setup>\setup.exe /install TRANSFORMS=<transform.mst>