FIPS (Federal Information Processing Standard)

管理コンソールを使用して、Reflection X ドメインを FIPS モードで実行するように構成できます。

Reflection X を FIPS モードで実行するように構成している場合、米国政府が定める FIPS (Federal Information Processing Standard) 140-2 が施行されます。すべての設定で、この標準に適合するセキュリティプロトコルおよびアルゴリズムが使用されます。この標準に適合しないオプションは使用できません。また、X クライアントを起動するには、Secure Shell 接続方法のみを使用できます。

米国政府が定める Federal Information Processing Standard (FIPS) 140-2 は、暗号モジュールのセキュリティ要件を規定するものです。暗号製品は、米国政府公認の独立系の検査研究所によって、特定の要件に照らして検証され、11 のカテゴリで検査されます。検証内容は次に National Institute of Standards and Technology (NIST) に提出され、NIST は検証内容を再審査して、証明書を発行します。また、暗号アルゴリズムも、ほかの FIPS 仕様に基づいて検証と認定を受けられます。認定された製品の一覧と、ベンダが表明したセキュリティポリシー (認定の対象となったモジュールの機能の定義) については、http://csrc.nist.gov/groups/STM/cmvp/validation.htm を参照してください。

重要:Reflection X で FIPS モードを使用するように構成する場合、すべての FIPS 140-2 標準に適合したバージョンを実行していることを確認する必要があります。詳細については、Attachmate 技術サポートにお問い合わせください。

関連項目

ドメインセキュリティおよび PKI 構成 - [ドメインの構成]

[ユーザ設定] ダイアログボックス