目次/索引/検索の表示

[XDMCP 接続定義]

XDMCP 接続では、X ディスプレイマネージャコントロールプロトコルが、特定のホストマシン上で動作している XDM (X ディスプレイマネージャ) との通信に使用されます。これは、ホストが X 環境の構成方法とどの X クライアントを実行するのかを制御するということを意味します。このホストは、XDMCP に対応するように構成される必要があります。XDMCP セッションは、ユーザがホストからログオフするとリセットされます。

[XDMCP 接続名] (XDMCP connection name)

この接続定義の名前を入力します。

[種類]

ネットワークを介して要求を送信し、ホスト上の XDM クライアントを起動するために使用する XDMCP 方式の種類を指定します。

 

[ブロードキャスト]

X サーバがリセットされてから、[ブロードキャストアドレス] の入力に基づいて、使用可能なすべてのホストに要求が送信されます。ディスプレイマネージャのうち、その要求を満たすものが応答します。

 

[直接]

X サーバがリセットされてから、特定のホスト上で実行されている X ディスプレイマネージャに要求が送信されます。[ホスト名] を使用して、ホストの名前または IP アドレスを指定します。

 

[間接]

X サーバがリセットされてから、最初の 1 つのホストだけに要求が送信されます。[ホスト名] を使用して、ホストの名前または IP アドレスを指定します。ホストでは、構成に応じて、以下の処理を行います。

  • ほかのホストを選択するためのダイアログボックスを表示します。
  • ほかのホストに要求を自動転送します。
  • XDM 要求を処理します。

[ブロードキャストアドレス]

XDMCP ブロードキャストの既定のアドレスは 255.255.255.255 です。これは「限定ブロードキャスト」と呼ばれます。限定ブロードキャストは、ルータによって転送されることはありません。ネットワーク上のルータが、ユニバーサルブロードキャストは渡さず特定のサブネットブロードキャストだけを渡すように構成されている場合は、既定値を変更することによって、ブロードキャストをより多くのサブネットに到達させることができます。

複数のサブネットがある場合、XDMCP ブロードキャストがそのすべてに到達できるようにするために、このテキストボックスに複数の IP アドレスを指定することができます。エントリはカンマで区切ってください。

次の例では、「214.156.255.255」というサブネットの中のすべてのアドレスと、IP アドレスが「110.68.17.1」である特定のホストが表示されます。

214.156.255.255,110.68.17.1

ホスト名は、個々のホストに使用できます。サブネット志向型ブロードキャストを指定するには、IP アドレスを使用する必要があります。

[ホスト名]

ホスト名または IP アドレスを入力します。このオプションは、[種類] が [直接] または [間接] のときに使用できます。

[直接] が選択されている場合、X サーバは、ログインウィンドウの要求を指定されたホスト上の XDM に送ります。[間接] が選択されている場合、X サーバは、指定されたホストに要求を送り、その要求がほかのホスト上の従属ディスプレイマネージャに転送されることを期待します。最初のホスト (主要ディスプレイとして知られる) がその要求を受け入れることもあります。最初のホストに「選択ボックス」が表示され、使用可能なホストのリストが示されます。

[接続待ち時間]

Reflection X Advantage が XDMCP 接続を試行する最大秒数を設定します。値を 0 にすると待ち時間は無制限になります。

[既定セッション]

セッションが実行中でないと、X クライアントアプリケーションを表示できません。ドロップダウンリストを使用して、このクライアントの既定のセッション定義を選択します。<セッションのプロンプト> をオンにすると、クライアントの起動時にセッションの選択を求められます。セッションがまだ実行されていない場合、クライアントを起動すると Reflection X Advantage でセッションが開始されます。

[XDMCP セッションの自動開始]

X マネージャの起動時に XDMCP 接続を自動的に起動させるには、このオプションをオンにします。