目次/索引/検索の表示
修飾子の割り当て

開き方

X サーバは、修飾子の割り当てを使用して、修飾子として知られる特別な鍵を識別します。修飾子の割り当てには、各種の修飾子に使用される一連のキーコードが含まれます。X プロトコルでは、Shift、Lock、Control、Mod1 (Alt)、Mod2 (Mode Switch)、Mod3 (Meta)、Mod4 (Super)、および Mod5 (Hyper) の 8 種類の修飾子が定義されています。この割り当ては、修飾子ごとに最大 4 つのキーコードに対応します。すべてではないとしても、ほとんどのキーボードが、Shift、Control、または Alt 機能を実行するキーを 2 つしか備えていないため、実際には 2 つのキーコードで十分です。

一部のキーボードは、Meta、Super、または Hyper のキーを備えています。これらのキーを使用するアプリケーション (代表的なものでは Emacs) は、通常、Mod3 を Meta、Mod4 を Super、Mod5 を Hyper として処理します。 Reflection X Advantage では、既定で、Mod3 が Meta_L および Meta_R キーとして定義されていますが、Mod4 と Mod5 は未定義のままです。

修飾子を割り当てるには

  1. 表のセルをクリックして、そのセルのドロップダウンコントロールを有効にします。
  2. ドロップダウンリストから Keysym を選択します。Reflection X Advantage は、キー割り当て表で各 Keysym のキーコードを検出します。