目次/索引/検索の表示

Reflection X Advantage が使用するポート

Reflection X Advantage は以下のポートを使用します。Reflection X Advantage の構成によっては、これらの 1 つまたは複数のポートで、ポート例外を許可するようなファイアウォールの構成が必要となる場合があります。

 

コンポーネント

既定のポート

 

X マネージャ

6000
(固定のディスプレイ番号を設定する場合は、使用するポートは 6000 + ディスプレイ番号となります)

 

ドメインノード

22001
(複数のドメインノードを構成してある場合は、ドメインノードごとに別々のポートを持つ必要があります)

 

ドメインコントローラ

22000 (既定)

 

リモートセッションサービス

21999 (既定)

注意:ドメインコントローラ、ドメインノード、およびリモートセッションサービスは、Reflection X サービスのプロセスです。上記のポートは、このようなプロセスの既定のポートです。rxsconfig コマンドラインユーティリティを実行して、システムで実際に構成されているポートを確認することができます。次のコマンドで、すべての Reflection X サービスプロセスがポート番号で並べ替えて表示されます。

rxsconfig list

関連項目

ポートの競合

rxsconfig コマンドラインユーティリティ - [ドメインの構成]