目次/索引/検索の表示

サンプル定義

以下に示すサンプル定義は、X マネージャ または X マネージャ (ドメイン接続用) を初めて起動するときに自動的にインポートされます。X マネージャ または X マネージャ (ドメイン接続用) を初めて起動したときにテンプレートをインポートした場合は、これらの既定の定義に加えて追加のサンプルが表示されることがあります。

定義


説明


追加情報

xterm

ホストとユーザの情報の入力をユーザに求め、このホストに xterm コマンドを送信します。コマンドが正常に実行されると、デスクトップに端末セッションが表示されます。

このクライアントは、「マイデスクトップ」セッションを開始します。サンプルコマンドは、xterm コマンドがホストのパスに存在することを必要とします。このコマンドが正常に実行されない場合は、システムに合わせて [ホストの種類] を変更することを試みてから、[コマンド] ドロップダウンリストから「xterm」を選択してください。

直接接続

ホスト名の入力をユーザに求め、このホストへの XDMCP 接続を開始します。

このクライアントは、「X 端末風のデスクトップ」セッションを自動的に開始します。XDMCP がホスト上で有効になっている必要があります。[種類][ブロードキャスト] に変更することを試みてください。一部のネットワークでは、これにより、XDMCP 接続に使用できるホストのリストが表示されます。

X 端末風のデスクトップ

デスクトップ上の X 端末ウィンドウにクライアントを表示するように構成された X サーバを起動します。

このセッションは、すべての既定の設定を使用します。デスクトップ環境 (KDE、CDE、GNOME など) を起動する XDMCP 接続 および X クライアントの定義には、このセッションを使用してください。

マイデスクトップ

デスクトップ上の個別のウィンドウにクライアントを表示するように構成された X サーバを起動します。

このセッションにより、[クライアントをデスクトップに表示する] がオンになります。他のすべての設定では、既定の値が使用されます。

 

以下のように、場合によっては、これらの定義が表示されないことがあります。

  • 上記の定義は、既定でインストールされる標準設定テンプレート (generic_templates.rxd) から自動的にインポートされます。このテンプレートがインストールされないと、これらの設定は表示されません。
  • 以前のバージョンの Reflection X Advantage からアップグレードした場合は、既存の設定が変更されません。そのため、正しいテンプレートがインストールされていても、これらの定義がインポートされません。[ファイル] - [インポート] コマンドを使用すると、generic_templates.rxd というテンプレートを手動でインポートできます。このテンプレートは、製品のインストールフォルダ内の templates というフォルダにあります。
  • 管理者は、インストールされているテンプレートをカスタマイズできます。管理者によってインストールがカスタマイズされている場合は、異なる既定の定義が表示される可能性があります。

関連項目

サンプル定義による X クライアントアプリケーションの起動

サンプル定義による XDMCP 接続の確立

インストールされたテンプレートのインポート

コンパニオンインストーラパッケージによるカスタムテンプレートのインストール