目次/索引/検索の表示

Reflection X Advantage データファイル

Reflection X Advantage では、データベースファイルに設定が保存されます。設定は、作業中に自動的に保存されます。このデータベースに関して、管理者が直接保守を行う必要はありません。ただし、サイトで通常行っているバックアップまたはアーカイブ手順の中にこのファイルを含めておくことをお勧めします。バックアップ手順には、データベースフォルダ (db) と構成フォルダ (conf) の両方を含める必要があります。これらのフォルダの場所は、オペレーティングシステムや、単体モードとドメインモードのどちらで実行するかによって変わります。

X マネージャ (単体) のデータベースファイル

単体の X マネージャのデータベースファイルは、次のユーザ固有の場所に保存されます。

Windows システムの場合:

データベースは、Windows のユーザプロファイルフォルダに置かれます。既定の場所は、Windows のバージョンによって異なります。次に例を示します。

C:\Users\<user>\.attachmate\rx\db\<version>

または

C:\Documents and Settings\<user>\.attachmate\rx\db\<version>

UNIX システムの場合:

データベースはユーザのホームフォルダにあります。

$HOME/.attachmate/rx/db

ドメインのデータベースファイル

Reflection X Advantage ドメインのデータベースファイルは、ドメインコントローラとして機能しているコンピュータに置かれています。

Windows システムの場合:

ドメインデータベースは、Windows のすべてのユーザプロファイルフォルダに置かれます。既定の場所は、Windows のバージョンによって異なります。次に例を示します。

C:\ProgramData\.attachmate\rx\db\<version>

または

C:\Documents and Settings\All Users\.attachmate\rx\db\<version>

UNIX システムの場合:

ドメインデータベースは以下の場所にあります。

/opt/rxadvantage/rx/db

Reflection X サービスの構成ファイル

次のドメインモード構成ファイルは、Reflection X サービスによって使用され、conf ディレクトリに保存されます。Windows システムの場合は、Windows のすべてのユーザプロファイルフォルダ (%AllUsersProfile%\.attachmate\rx\conf) に置かれます。UNIX では、製品のインストールディレクトリのサブディレクトリに置かれます。

注意:これらのファイルを手動で編集しないでください。

domains.xml

ドメインコントローラの構成。このファイルは、ドメインコントローラ機能のインストール時に作成されます。

domain-nodes.xml

ドメインノードの構成。このファイルは、rxsconfig コマンドラインユーティリティを使用して作成および保持されます。

host-nodes.xml

リモートセッションサービスの構成。このファイルは、リモートセッションサービス機能のインストール時に作成されます。

conf フォルダには、分散セッションのコンポーネントの認証に使用する秘密鍵と証明書も保存されます。

関連項目

機密情報を含むファイルのファイルアクセス制限