目次/索引/検索の表示

構成シーケンスによる X Keysym の指定

構成シーケンスによって、Unicode 文字を X Keysym に割り当てることができます。例えば、X クライアントがキーボードにないパイ記号 (π) を必要としていると仮定します。ファンクションキーの 1 つ ([F11] キーなど) を、この記号の送信に割り当てることができます。

シフト無効の [F11] キーをパイ (π) X Keysym の送信に割り当てるには

  1. Windows マシンの X マネージャまたは X マネージャ (ドメイン接続用) で、[ツール] - [キー割り当て] をクリックします。
  2. [キー割り当ての選択] で、編集可能なキー割り当てを選択します。

    注意:既定のキー割り当ては編集できません。[複製] をクリックし、既存のキー割り当てを元に、新しいカスタムのキー割り当てを作成します。

  3. [キーの割り当て] タブ (既定で表示される) を使用します。
  4. タブの左側にある [明示的に割り当てられたキー] のリストの [キー] から [F11] を選択します。(これに代わる方法として、[明示的に割り当てられたキー] にある [+] 記号をクリックして [キーの追加または検索] ダイアログボックスを開くこともできます。[キーを押す] フィールドにカーソルを移動させ、[F11] キーを押して、[OK] をクリックしてください。)
  5. [F11] キーが選択された状態で、まず、[割り当てた X Keysym の変更] ボタン ([シフト無効] キーの説明の横にあります) をクリックします。
  6. [割り当てた X Keysym の変更] ダイアログボックスで、パイ記号を指定します。このキーはキーボード上に実在するキーではありませんが、構成キーシーケンスによって指定できます。

    構成シーケンスによって正しい X Keysym を特定するには

    1. [キーを押して対応する X Keysym の位置を特定する] フィールドにカーソルを移動させます。
    2. [Alt] キーを押したまま、テンキーで「227」と入力します (これはパイを構成するための Windows の値です。他のプラットフォームにも同様のキー構成オプションがあります)。[Alt] キーを放すと、X Keysym 名の「Greek_pi」が表示されます。
  7. [OK] をクリックします。
  8. [キーの割り当て] タブに、[F11] キーが Greek_pi に割り当てられていることが示されます。

注意:

  • 上記のようにキーを明示的に割り当てる場合は、それらの文字を [文字] タブのサポートされる文字のリストに追加する必要はありません。
  • Reflection X ドメイン管理者は、[ドメインの定義] タブから [キー割り当て] を構成することもできます。

関連項目

X Keysym へのキーボードショートカットの割り当て

キー割り当て

[キーの割り当て]