目次/索引/検索の表示

X 管理コンソールの起動

管理コンソールは、デスクトップユーザインタフェースまたはコマンドラインから起動できます。

コンピュータのデスクトップから X 管理コンソールを起動するには

  1. 次の方法で管理コンソールを起動します。

    インストール先

    操作

    Windows

    [スタート] - (すべての)[プログラム] - [Attachmate Reflection] - [X 管理コンソール] コマンドを選択します。

    UNIX

    [アプリケーション] - [Attachmate Reflection] - [X 管理コンソール] コマンドを選択します。
    (一部のプラットフォームでは、初期インストールの後でログアウトし、再びログインしないとこのメニュー項目が表示されない場合があります。)

  2. Reflection X ドメインにログオンします。
    • [ユーザ名][パスワード] に資格情報を入力して、Reflection X Advantage ドメインにログオンします。ドメインが既定の認証オプション (Windows システムでは Windows 認証、Windows 以外のシステムでは PAM 認証) を使用するように構成されている場合は、コンピュータにログオンするときと同じ資格情報を使用してログオンすることができます。
    • [ドメイン] に Reflection X Advantage ドメイン名を入力します。(Reflection X Advantage ドメイン名は、常にドメインコントローラを実行するコンピュータの名前と同じです。)

管理コンソールをコマンドラインから起動するには

  1. コマンドプロンプトで、Reflection X Advantage のインストールフォルダに移動します。

    Windows の場合:

    cd C:\Program Files\Attachmate\Reflection

    UNIX の場合:

    cd /opt/rxadvantage

  2. rxadmin (UNIX では ./rxadmin) と入力します。

    管理コンソールが開くと、ドメインにログオンするよう求められます。

関連項目

[ログオン情報の入力] ダイアログボックス

サンプルドメインの構成